「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

Ubuntu Server 20.04でサーバー構築 MySQL 8 , WordPress インストール

1. MySQL 8インストール

1. インストール

# apt -y install mysql-server-8.0

2. MySQLサーバのセキュリティ設定

MySQLサーバのセキュリティ関連の設定を行うためにmysql_secure_installtionというツールを実行します。
実行すると、質問形式でいくつかのセキュリティ設定がはじまります。はじめに以下のようにパスワードバリデーション用のプラグインを使用するか確認されます。パスワードバリデーションというのは、MySQL用のユーザのパスワード強度をチェックし、十分セキュアなパスワードのみ受け付けるよう制限をかけることができます。例えば、最低何文字以上で必ず記号と数値を1文字以上含むなどです。この条件について次の質問で設定できます。
良ければyを入力してEnterを押します

# systemctl restart mysql.service
# mysql_secure_installation

インストール状況

Securing the MySQL server deployment.

Connecting to MySQL using a blank password.

VALIDATE PASSWORD COMPONENT can be used to test passwords
and improve security. It checks the strength of password
and allows the users to set only those passwords which are
secure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD component?

Press y|Y for Yes, any other key for No: y

There are three levels of password validation policy:

LOW Length >= 8
MEDIUM Length >= 8, numeric, mixed case, and special characters
STRONG Length >= 8, numeric, mixed case, special characters and dictionary file

Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG: 0 (例として今回はLOWに設定)
Please set the password for root here.

New password:xxxxxx(表示されない)
Re-enter new password: xxxxxx(再度入力 表示されない)

Estimated strength of the password: 100
Do you wish to continue with the password provided?(Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
By default, a MySQL installation has an anonymous user,
allowing anyone to log into MySQL without having to have
a user account created for them. This is intended only for
testing, and to make the installation go a bit smoother.
You should remove them before moving into a production
environment.

Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

Normally, root should only be allowed to connect from
‘localhost’. This ensures that someone cannot guess at
the root password from the network.

Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

By default, MySQL comes with a database named ‘test’ that
anyone can access. This is also intended only for testing,
and should be removed before moving into a production
environment.

Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
– Dropping test database…
Success.

– Removing privileges on test database…
Success.

Reloading the privilege tables will ensure that all changes
made so far will take effect immediately.

Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.
All done!

最後にここまでで設定した内容が表示され、All done!と表示されればセキュリティ設定は完了です
以降 MySQLにアクセスするときは
# mysql -u root -p
Enter password: (上記で設定したパスワードを入力)

2.WordPressインストール

2.1 データベース作成

Word Press 用のデータベースを作成します(例として今回はデータベース名を my_db)

# mysql -u root -p
Enter password: (上記で設定したパスワードを入力)
WordPressが制御する専用のデータベースを作成
mysql> CREATE DATABASE my_db DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
mysql> show databases;
+——————–+
| Database |
+——————–+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| sys
| wp_db |
+——————–+
5 rows in set (0.00 sec)
アカウントを作成し、パスワードを設定し、作成したデータベースへのアクセスを許可します        mysql>CREATE USER ‘<任意のユーザー名>’@’%’ IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY ‘<password>’;
Query OK, 0 rows affected (0.04 sec)
<任意のユーザー>がデータベースにフルアクセスできる必要があることをデータベースに知らせます
mysql> GRANT ALL ON wp_db.* TO ‘<任意のユーザー名>’@’%’;
Query OK, 0 rows affected (0.04 sec)
mysql> exit
Bye

2.2 WordPressダウンロードとインストール

①ダウンロードと展開

# cd /var/www/html/<自ドメイン名>
# wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
# tar xvf latest-ja.tar.gz

②Wordpress設定ファイルの編集

# cd wordpress/
# cp wp-config-sample.php wp-config.php
# vi wp-config.php

wp-config.phpの編集内容

// ** MySQL 設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘wp_db‘);  ←「2.1 データベース作成」で作成したデータベース名

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘<ユーザー名>‘); ←「2.1 データベース作成」で作成したユーザー名

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘<password>‘); ←「2.1 データベース作成」で作成したユーザー用パスワード

また、最終行に以下の分を追加します。
これをしないと、プラグインを追加するときにFTP接続情報なるものを聞かれます。
define(‘FS_METHOD’, ‘direct’);

③ファイルの移動

# cd /var/www/html/<ドメイン名>
# mv wordpress/*.
移動されたことを確認後 wordpressディレクトリーとダウンロードしたlatest-ja.tar.gzを削除

# rm -R -f wordpress
# rm latest-ja.tar.gz

④wordpressディレクトリの所有者をapacheにします

# chown -R www-data:www-data /var/www/html/<ドメイン名>

⑤ブラウザからアクセスする
http://<ドメイン名>/ にアクセスします。
成功すると下記のWordpressインストール情報入力画面が出力されます。

Ubuntuで「お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。」表示されたら

Ubuntuサーバーでphpやmysqlがインストール済みなのにWordpressインストール時に「お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。」と表示される場合は、下記を確認しましょう。ライブラリ関連がインストールされているか確認、phpのライブラリ関連をインストールしていない場合はインストールします。

# apt -y install php7.4-gd php7.4-mbstring

MYSQLモジュールのインストール
WordPressはPHPのMYSQLモジュールが必要です。PHPのMYSQLモジュールをインストールしていない場合はインストールします。

# apt -y install php7.4 php7.4-mysql libapache2-mod-php7.4 php7.4-mysql

インストールが完了したらApacheを再起動をします。

# systemctl restart apache2

下記入力画面で

  • サイトのタイトル  任意の名称
  • ユーザー名     任意の名称
  • パスワード     任意のパスワード
  • メールアドレス   管理者用メールアドレス

を入力し、「Wordpressインストール」をクリックする。「ユーザー名」「パスワード」はwordpress管理画面にアクセスするときに必要なため忘れないようにする。

タイトルとURLをコピーしました