RHEL正規個人利用の方法

Red Hatアカウント作成とRHELダウンロード

業界標準といわれるRHEL(Red Hat Enterprise Linux)互換OSのCentOSが終了します。
代替ダウンストリームのRHEL互換Linuxとして、RockyLinux、Almalinuxなとがありますが、今までRHELが無償で使えるのが開発用途のものだけで、1アカウントで1台しか利用できなかったのを、1アカウントで最大16台までの導入を可能とすると発表されました。さらに個人用途に限り、本稼働システムにも利用可能になったようです。

CentOSの終了に伴い、代替えとなるディストリビューションの決定は悩みどころです。その選択肢のひとつとなるのが、無償でRHELを使うことです。

今回はRed Hatに登録する方法と開発用途のRHELをダウンロード、インストールする方法を掲載します。

RedHat アカウント作成

RHEL を利用するには、RedHat アカウントが必要になります。このアカウントを作成することで、個人利用であれば本番環境を含め、16 システムまでRHEL を正規ユーザーとして無償利用できます。

①次のURL にアクセスします → https://access.redhat.com/

右上の「Log in」をクリックする

②Red Hatアカウントを作成する をクリック

③ アカウント情報を入力します。
ウィンドウをスクロールして、必要情報を入力します。入力内容は、次の通り

■アカウントタイプ:個人
■ログイン情報
・ユーザー名:任意
・パスワード:任意
■個人情報  あなたの情報
■会社情報  あなたの情報

④ 登録が完了すると下図のような画面になります。

RHEL のダウンロード

① 下記URL にアクセスしてログイン後、RHEL をダウンロードします。
https://developers.redhat.com/
上欄右端のLog in をクリック

追加情報確認の画面になるので以下のようにチェックを入れる

送信ボタンをクリックすると、下記のような「メールアドレスの確認」画面になる

登録した自身のメールアドレス宛てに次のようなメールが届いているので、本文の「メールアドレス確認用リンク」をクリックする

②「メールの確認」が済んだら、下記URL にアクセスします。
https://developers.redhat.com/products/rhel/download
画面を下スクロールして、「8.5.0」を表示します。
次に「x86_64 DVD iso」の「Download(10.22 GB)」をクリックします。

もし次のような「追加情報が必要です」と表示された場合、入力して送信

RHEL のダウンロードが始まりますので、終了するまで待ちます。

 

③ダウンロードした「rhel-8.5-x86_64-dvd.iso」を使用し、プータプルディスクとしてUSBメディアを作成する。
PCにUSBメディアを接続後、PCのBIOS設定でUSBメディアから起動するよう変更し、PCを起動する。
下記のインストール画面が表示される

以降、インストール方法、初期設定、Webサーバー等のインストール・設定はRocky Linux8.4と同様ですので、本サイトの情報を参考にしてください。

RedHat サブスクリプションアクティベーション設定

RHEL8 を正規ユーザーとして利用するため、サブスクリプションのアクティベーションを行います。

①Red Hat アカウントを登録

# subscription-manager register
Registering to: subscription.rhsm.redhat .com:443/subscription
Username: xxxxx
Password:
The system has been registered with ID: 6f32xxxd-dxxc-4b78-9cd5-29xxxxxbd3c8
The registered system name is: Lepard

「The system has been registered with ID: 6f32xxxd-dxxc-4b78-9cd5-29xxxxxbd3c8」と表示されれば成功

②現状のインストール済み製品ステータスを確認

# subscription-manager list
+——————————————-+
Installed Product Status
+——————————————-+
Product Name:          Red Hat Enterprise Linux for x86_64
Product ID:              479
Version:                   8.5
Arch:                       x86_64
Status                      Not Subscribed
Status Details:          Not supported by a valid subscription.
Starts:
Ends:

サブスクリプションを割り当てていないので、上記の表示になる

③ プールID を確認

# subscription-manager list –available –pool-only
babsxxxxxb4828xxxxdef59xxxxx567

プールID が複数表示される場合は、④で登録が可能なものを使用してください

④ サブスクリプションを割り当てます

# subscription-manager attach –pool babsxxxxxb4828xxxxdef59xxxxx567
Successfully attached a subscription for: Red Hat Developer Subscription for Individuals

⑤ サブスクリプション設定後のインストール済み製品ステータスを確認します

# subscription-manager list
+——————————————-+
Installed Product Status
+——————————————-+
Product Name:      Red Hat Enterprise Linux for x86_64
Product ID:          479
Version:               8.5
Arch:                   x86_64
Status                 Subscribed
Status Details:
Starts:                12/24/2021
Ends:                  12/24/2022

サブスクリプションの登録解除

①プールID を指定して登録解除

# subscription-manager remove –pool babsxxxxxb4828xxxxdef59xxxxx567

②すべてのサブスクリプション登録を削除

# subscription-manager remove –all

Red Hat アカウントの登録解除

①登録解除

# subscription-manager unregister

 



ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

RHEL
nuyをフォローする
Linuxサーバー構築とレンタル・クラウドサーバー
タイトルとURLをコピーしました