Rocky Linux8.6 : FTPサーバ インストール

FTPサーバ インストール

1. vsftpdインストール

# dnf -y install vsftpd

2.vsftpd の設定

編集前の vsftpd.conf を .bak を付けて保存
# cp /etc/vsftpd/vsftpd.conf /home/huong/vsftpd.conf.bak
①設定ファイルの編集
# vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
●12行目 匿名ログイン禁止(確認)
anonymous_enable=NO
●39行目:転送記録をログに残す(確認)
xferlog_enable=YES
●82,83行目 コメント解除 ( アスキーモードでの転送を許可 )
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
●100,101行目:コメント解除 ( chroot有効 )
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
●103行目 コメント解除 ( chroot リストファイル指定 )
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
●109行目 コメント解除 ( ディレクトリごと一括での転送有効 )
ls_recurse_enable=YES
●114行目 変更 ( IPv4を有効にする )
listen=YES
●123行目 変更 ( IPv6 は、無視させる )
listen_ipv6=NO
### 最終行へ追記 ###
# ローカルタイムを使う
use_localtime=YES
②上層への ディレクトリへのアクセスを許可するユーザーを追加
# echo "huong" >> /etc/vsftpd/chroot_list
私の場合 huong を書込みました。
③ /etc/hosts.allow で接続を許可するIPアドレスを指定します
# echo "vsftpd:192.168.11.0/24" >> /etc/hosts.allow
192.168.11.0/24 は、私の環境下ですべてのローカルIPアドレスを許可する設定です。
etc/hosts.deny に、 vsftpd:ALL ( すべての接続を拒否 )と書込みます
# echo "vsftpd:ALL" >> /etc/hosts.deny
この設定は、hosts.allow が優先されます。つまり、全てを拒否し、hosts.allow で指定されたIPアドレスは、許可になります
④vsftpd を自動起動を有効にし、起動する
# systemctl enable vsftpd
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/vsftpd.service → /usr/lib/systemd/system/vsftpd.service.
# systemctl start vsftpd
# が表示すれば OK です
⑤ここで、windows 側から、FileZilla で接続できるか確認
接続する前にfirewallでftpポートを開放します
# firewall-cmd --permanent --add-service=ftp
# firewall-cmd –reload
FileZillaを起動し、File」メニューから「Site Manager」を選択
「New site」をクリック
各項目の設定は次の通り入力し、「Connect」クリック
Protocol : FTP-File Transfer Protocol
Host : サーバーのIPアドレス
Port : (空欄でよい)
Logon Type : Ask for password
User  : 一般ユーザー名(サーバーのログインユーザー)
Password : 一般ユーザー(サーバーのログインユーザー)のパスワード
接続に成功すると右側にサーバーのディレクトリー、左側にWedowsのディレクトリーが表示される
タイトルとURLをコピーしました