「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

AlmaLinux 8.6 : OSインストール

AlmaLinux 8.6インストール

AlmaLinux OSは、CentOSの代替として米CloudLinuxが立ち上げたプロジェクト。現在、AlmaLinux OS Foundationを開発母体としている。AlmaLinux OS 8.6は、「Red Hat Enterprise Linux 8」と互換性のあるLinuxディストリビューション

1.AlmaLinux 8.6 ダウンロード

AlmaLinux 8.6のインストールイメージは下記サイトからダウンロード可能
https://almalinux.org


日本(jp)のミラーサイトを選択する

「AlmaLinux-8.6-x86_64-dvd.iso」を選択する

2.AlmaLinux 8.6インストール

インストールUSBメディア入れUSBメディアから起動するようBIOSの設定を変更します。

2.1 インストール初期画面
次のような画面になりますので、一番上の「Install AlmaLinux 8.6」キーを押して言語の選択」に進んで下さい。

2.2 言語の選択

次の言語選択画面を下の方にスクロールし「日本語」を選択し「続行」をクリックします。

2.3 「ネットワークとホスト名」設定


右上欄のネットワークを「ON」にする
「ホスト名」に任意の名前を入れ「適用」クリック
「設定」をクリックし、次に進む

「全般」タブにて、「優先的に自動接続する」にチェックを入れる

「IPv4」タブにて、
メソッド      : 手動
アドレス      : サーバーのIPアドレス
ネットマスク  :  255.255.255.0
ケートウェイ  :  192.168.11.1(ルーターのIPアドレス)
DNSサーバー :  192.168.11.1(ルーターのIPアドレス)


「IPv6」タブにて、「メソッド」を「無効」にして、「保存」クリック

 

各設定を確認し、「完了」クリック

2.4 「日付と時刻設定

地域「アジア都市都市「東京」にする、ネットワーク時刻をONにする


2.5 「ソフトウェアーの選択」設定

「ベース環境」は「サーバー」を選択し、右欄のソフトウェアは次を選択する

  • ハードウェアモニタリングユーティリティ 
  • パフォーマンスツール 
  • レガシーなUNIX 互換
  • 開発ツール 
  • RPM 開発ツール 
  • セキュリティツール 
  • システムツール

2.6 「インストール先」の設定

「ストレージの設定」を「自動構成」にし、「完了」クリック

2.7 「rootパスワード」の設定

rootパスワードを入力し、「完了」クリック

2.8 「ユーザーの作成」の設定

「フルネーム」「ユーザー名」に任意の名称をつけ「このユーザーを管理者にする」にチェックを入れる
「パスワード」は強固なものにしておく

2.9 「インストールの開始」をクリック


2.10 「インストールの終了・再起動
インストールが終了し、再起動をクリックすると、次のように

「ホスト名 login:」画面になる

先ほど作成した一般ユーザーのユーザー名とパスワードでログインしてください。
bashのプロンプト”$"が表示されれば、ログインは完了です。

タイトルとURLをコピーしました