「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

nuy

Almalinux9

AlmaLinux 9 ; インストール後の各種設定

1.SELinuxの無効化 まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。 ①SELinux は起動するがポリシーがロードされていない状態での無効化 # vi /etc/sysconfig/selinux 変更後) #SELINUX=enforcing SELINUX=disabled ②SELinux を完全に無効化する場合は、以下のようにカーネルコマンドラインに selinux=0 を追加して再起動が必要です。 # grubby --update-kernel ALL --args selinux=0 # reboot
Rocky Linux9.0

RockyLinux 9 ; インストール後の各種設定

1.SELinuxの無効化 まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。 ①SELinux は起動するがポリシーがロードされていない状態での無効化 2.システムの最新化 OSインストール直後にはできるだけ早期にパッケージのアップデートを行います。 しかし、dnf updateを行うと、カーネルアップデートも同時に行われます。 カーネルアップデートを行うと、システムの再起動やサービスの停止が必要だったり、最悪カーネルパニックが発生して、システムが起動しない場合があります。カーネルを除外してアップデートする方が賢明です。 dnf -y updateの後ろに「--exclude=kernel*」を指定して実行することでカーネルをアップデート対象から除外することできます。 3.セキュリティ対策のため停止するサービス 5.ネットワークの設定 5.1 ネットワークデバイス名の確認
miracle9.0

MiracleLinux9.0 : OSインストール

MiracleLinux とは MIRACLE LINUXとは、サイバートラスト株式会社が提供する日本製のLinuxディストリビューションです。2000年6月に日本オラクルとNECにより設立されたミラクル・リナックス社(現:サイバートラスト社)により、業務用からエンタープライズ向けを対象としたOracle Databaseの安定稼働を目的として開発が開始されました。2001年5月にリリースしたVersion2.0からRHELベースとして作られ、2012年1月にリリースされたVersion6.0からは完全なRHELクローンとして作られています。 国産のRHELクローンとして有名なMIRACLE LINUXは、当初は有償ライセンスの商用OSでしたが、CnetOS8の終了を受け、Version8.4から無償提供すると発表しました。現在は2022年11月1日リリースのVersion9.0が最新でRed Hat Enterprise Linux(RHEL)9 互換のディストリビューションです。 「MIRACLE LINUX 9 」は、RHEL9と同様にLinuxカーネル5.14を採用し、OpenSSLなどの主要なパッケージのバーションアップの他、SELinux の性能改善、セキュアブート対応など、主にセキュリティ関連の機能が強化されています。 パッケージアップデートやセキュリティパッチは2032年11月まで無償で提供される予定。
miracle9.0

MiracleLinux9 : インストール後の各種設定

1.SELinuxの無効化 まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。 SELinuxの動作モード Enforcing : SELinux機能は有効でアクセス制御も有効 Permissive : SElinuxはwarningを出すが、アクセス制限は行われません disabled : SElinux機能・アクセス制御ともに無効 2.システムの最新化 OSインストール直後にはできるだけ早期にパッケージのアップデートを行います。 しかし、dnf updateを行うと、カーネルアップデートも同時に行われます。 カーネルアップデートを行うと、システムの再起動やサービスの停止が必要だったり、最悪カーネルパニックが発生して、システムが起動しない場合があります。カーネルを除外してアップデートする方が賢明です。 dnf -y updateの後ろに「--exclude=kernel*」を指定して実行することで カーネルをアップデート対象から除外することできます。
miracle9.0

MiracleLinux9 : SSH , Firewalld , NTP サーバー

1.SSHによるリモート接続の設定 SSHはサーバーへリモートで接続するためのサービスで、基本的にはOSインストール直後に動作していますが、デフォルトの設定ではややセキュリティに難があります。 ここではデフォルトの設定を変更してssh接続のセキュリティを高める設定を行います。 1.1 SSHサービスの設定ファイル変更 SSHサービスの設定を変更するために設定ファイルを変更します。 SSHサービスの設定ファイルは"/etc/ssh/sshd_config"になります。 2.ファイアウォール(firewalld)の設定方法 AlmaLinuxではファイアウォールはfirewalldがデフォルトに設定されており、OSインストール時に有効になっています。 「firewalld」について簡単に説明すると、通信制御のポリシーを設定する場合、事前に定義されたゾーンに対して通信の許可・遮断ルールを適用し、そのゾーンを各NIC(ネットワークアダプタ)に割り当てていくという方式になっています。 4.NTP サーバーの設定 サーバの時刻を日本標準時に同期させるNTP サーバーを構築します
miracle9.0

MiracleLinux9 : SSH 鍵ペアでの認証接続

公開鍵暗号方式を用いた認証によるSSH接続  公開鍵、秘密鍵ペアの作成 OpenSSH 使って Linux サーバに接続するユーザの公開鍵と秘密鍵のペアを作成します。 鍵ペアの作成は ssh-keygen をを使います。 今回はSSH プロトコル Version 2 で利用する RSA 暗号を利用した鍵セットを作成します。 公開鍵と秘密鍵のペアの作成はリモートログインするユーザ権限(huong)で実行します。 作成先・ファイル名を指定しなければ、 /home/huong/.ssh/ に id_rsa, id_rsa.pub が作成される。 途中、鍵用のパスワードも入力する。
miracle9.0

MiracleLinux9 : FTPサーバ , Sambaでファイルサーバー導入

1.FTPサーバ インストール 1. 1 vsftpdインストール # dnf -y install vsftpd 1.2 vsftpd の設定 編集前の vsftpd.conf を .bak を付けて保存 2. vsftpd SSL/TLS Vsftpd を SSL/TLS で利用できるように設定します 2.1 自己署名の証明書を作成 Let's Encrypt 等の信頼された正規の証明書を使用する場合は当作業は不要です 3. Sambaでファイルサーバー導入 ユーザー認証が必要なアクセス権付ファイルサーバーをSambaで構築します。 導入手順 ①ユーザー認証が必要なアクセス権付の共有フォルダーを作成 ②アクセス可能なグループ作成 ③アクセス可能なグループに属するユーザー作成 ④設定ファイル編集
miracle9.0

MiracleLinux9 : Webサーバー(Apache) & バーチャルホスト

1.Apache2のインストールとバーチャルホスト設定 1.1 Apache2インストール ①httpdをインストール # dnf -y install httpd 2. CGIスクリプトの利用確認 ①CGIの利用可確認 3. PHPのインストールと設定 1.PHP8インストール ①インストール 4. Apache2でDigest認証を行う http の認証認定方式として有名なBasic 認証は認証情報を平文で送信するので、パケット盗聴されるとID とパスワードが漏洩する危険があります。 一方、Digest 認証は認証情報を暗号化して送信するので、情報漏えいの心配がほとんどありません。Digest 認証はBasic 認証を強化した認証認定方式と言えます。
miracle9.0

MiracleLinux9 : Clamav( アンチウィルス ) , Mailサーバー

Clamav ( アンチウィルスソフト )のインストール 1.Clamavインストール # dnf -y install clamav clamd clamav-update メールサーバー インストール 1. Postfixのインストール 1.1 インストール Postfix をインストールして SMTP サーバーを構築します
miracle9.0

MiracleLinux9 : SSL証明書 ( Let's Encrypt ) , Apache/Mail サーバー SSL/TLS

1.SSL証明書を取得する ( Let's Encrypt ) 最新のopen sslをインストールしておく # dnf install openssl-devel 1.1 事前準備 1.certbot パッケージインストール # dnf install certbot 2. Apache のhttps 化 念のため、下記をインストールしておく # dnf -y install mod_ssl 2.1 ssl.conf ファイルの編集 3. Mail サーバーにSSL/TLS(Let's Encrypt) の設定 3.1 メールサーバー用証明書の取得 メールサーバー用の証明書を取得するが上記と同様の方法では取得できないので「--standalone」オプションをつけて下記のようにしても失敗する。
miracle9.0

MiracleLinux9 : Mysql8 , WordPressインストール

Mysql8 インストール # dnf -y install mysql-server charset.cnf 下記の内容で新規作成 #vi /etc/my.cnf.d/charset.cnf # デフォルトの文字コードを設定 絵文字等 4 バイト長の文字を扱う場合はutf8mb4 [mysqld] character-set-server = utf8mb4 [client] default-character-set = utf8mb4 WordPressインストール 1. Word Press 用のデータベースを作成 例としてデータベース[wp_db] データベースユーザー[wp_user] パスワード[?W123456]とします
miracle9.0

MiracleLinux9 :  Suricata , SNORT インストール

 Suricata SURICATA IDS/IPSはネットワーク上の通信を監視し、不審なトラフィックを検知するオープンソースのIDSです。基本的な仕組みはシグネチャ型であるため、あらかじめ設定した不正な通信を検知できます。また、Suricataは検知だけでなく防御も行えることが特徴です。 1.事前準備 ①EPEL リポジトリをシステム上で有効化する # dnf -y install epel-release SNORT Snortは、IPネットワーク上でリアルタイムのトラフィック分析とパケットロギングを実行できるオープンソースのネットワーク侵入検知システムです。 「プロトコル分析」「コンテンツ検索」「マッチング」を実行でき、「バッファオーバーフロー」「ステルスポートスキャン」「CGI攻撃」「SMBプローブ」「OSフィンガープリント試行」「セマンティックURL攻撃」「サーバメッセージブロック探査」など、さまざまな攻撃検出に使用できます。 1.事前準備 ①必要なソフトウェアをインストールする
miracle9.0

MiracleLinux9 :  Tripwire Chkrootkit Logwatch DiCE ディスク使用率チェックスクリプト

MiracleLinux9にTripwire Chkrootkit Logwatch DiCE ディスク使用率チェックスクリプトを導入し、サーバーの運用管理を行います。
miracle9.0

MiracleLinux9 :  システムのバックアップ・リストア

1.Webサイトデータバックアップ 1-1./var/www/html配下のバックアップ ①バックアップスクリプトフ...
miracle8.4

MIRACLE ZBX 6.0 インストール

オープンソースの統合監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」 オープンソースの Zabbix をベースに、サイバートラストが機能強化・修正を加えて提供するエンタープライズ向けの統合システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」。セキュリティ基準の国際標準となりつつある米国標準技術研究所(NIST)のセキュリティガイドライン「NIST SP800-171」および「NIST SP800-53」の一部要件に準拠するセキュリティ機能強化を実装しています。
タイトルとURLをコピーしました