RoundcubemailでWEBメール構築 RHEL系

今回は次の環境で、Server#1にRoundCubemail をインストールし、メールサーバーは同一ローカルネットワーク内のServer#2を利用します。
Linux : RockyLinux 9.1

前提条件
Server#1
・Httpd webサーバー導入済・PHPインストール済....下記を参照して導入
・Httpd webサーバーSSL化....下記を参照して導入

RockyLinux 9.1 ; Webサーバー(Apache) & バーチャルホスト
1.Apache2のインストールとバーチャルホスト設定 1.1 Apache2インストール ①httpdをインストール # dnf -y install httpd 2. CGIスクリプトの利用確認 ①CGIの利用可確認 3. PHPのインストールと設定 1.PHP8インストール ①インストール 4. Apache2でDigest認証を行う http の認証認定方式として有名なBasic 認証は認証情報を平文で送信するので、パケット盗聴されるとID とパスワードが漏洩する危険があります。 一方、Digest 認証は認証情報を暗号化して送信するので、情報漏えいの心配がほとんどありません。Digest 認証はBasic 認証を強化した認証認定方式と言えます。
RockyLinux 9.1 ; SSL証明書 ( Let's Encrypt ) , Apache/Mail サーバー SSL/TLS
1.SSL証明書を取得する ( Let's Encrypt ) 最新のopen sslをインストールしておく # dnf install openssl-devel 1.1 事前準備 1.パッケージ管理システムSnappyインストール Let’s EncryptのSSL証明書発行ツール「certbot」は2021年以降は「snap」を利用したインストールが推奨されていますので、まずSnapdをインストールします。(dnfまたはyumでの従来の方法でもインストールできます) 2. Apache のhttps 化 念のため、下記をインストールしておく # dnf -y install mod_ssl 2.1 ssl.conf ファイルの編集 3. Mail サーバーにSSL/TLS(Let's Encrypt) の設定 3.1 メールサーバー用証明書の取得 メールサーバー用の証明書を取得するが上記と同様の方法では取得できないので「--standalone」オプションをつけて下記のようにしても失敗する。

Server#2
・Mailサーバー導入済(IMAP,SMTPサーバー)....下記を参照して導入
・MailサーバーのSSL化は必須ではないがSSL化する場合....下記を参照して導入

RockyLinux 9.1 ; Clamav( アンチウィルス ) , Mailサーバー
Clamav ( アンチウィルスソフト )のインストール 1.Clamavインストール # dnf -y install clamav clamd clamav-update メールサーバー インストール 1. Postfixのインストール 1.1 インストール Postfix をインストールして SMTP サーバーを構築します Mail サーバー : Postfix + Clamav + Amavisd+SpamAssassin 1.メールのリアルタイムスキャン ①Amavisd および Clamav Server をインストール
RockyLinux 9.1 ; SSL証明書 ( Let's Encrypt ) , Apache/Mail サーバー SSL/TLS
1.SSL証明書を取得する ( Let's Encrypt ) 最新のopen sslをインストールしておく # dnf install openssl-devel 1.1 事前準備 1.パッケージ管理システムSnappyインストール Let’s EncryptのSSL証明書発行ツール「certbot」は2021年以降は「snap」を利用したインストールが推奨されていますので、まずSnapdをインストールします。(dnfまたはyumでの従来の方法でもインストールできます) 2. Apache のhttps 化 念のため、下記をインストールしておく # dnf -y install mod_ssl 2.1 ssl.conf ファイルの編集 3. Mail サーバーにSSL/TLS(Let's Encrypt) の設定 3.1 メールサーバー用証明書の取得 メールサーバー用の証明書を取得するが上記と同様の方法では取得できないので「--standalone」オプションをつけて下記のようにしても失敗する。

1. MariaDBデータベースサーバーインストール
1.1 インストール

#新規作成
[mysqld]
character-set-server = utf8mb4   ←デフォルトの文字コードを設定
[client]
default-character-set = utf8mb4   ←絵文字等 4 バイト長の文字を扱う場合

1.2初期設定

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!
In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user. If you've just installed MariaDB, and
haven't set the root password yet, you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on…

Setting the root password or using the unix_socket ensures that nobody
can log into the MariaDB root user without the proper authorisation.

You already have your root account protected, so you can safely answer 'n'.
[Unix_Socket] 認証に切り替えるか否か
Switch to unix_socket authentication [Y/n] y
… skipping.
You already have your root account protected, so you can safely answer 'n'.
MariaDB root パスワードを設定するか否か
Change the root password? [Y/n] y
… skipping.
By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them. This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother. You should remove them before moving into a
production environment.
匿名ユーザーは削除する
Remove anonymous users? [Y/n] y
… Success!
Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'. This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.
root のリモートログインは無効とする
Disallow root login remotely? [Y/n] y
… Success!
By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access. This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.
テストデータベースは削除する
Remove test database and access to it? [Y/n] y
Dropping test database…
… Success!
Removing privileges on test database…
… Success!
Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.
特権情報をリロードする
Reload privilege tables now? [Y/n] y
… Success!
Cleaning up…
All done! If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

2. RoundCubemail 用のデータベースを作成

Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 37
Server version: 10.6.7-MariaDB-2ubuntu1 Ubuntu 22.04
Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.
Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database roundcube; ←データベース[roundcube] 作成
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]> grant all privileges on roundcube.* to roundcube@'localhost' identified by '<password>'; ←ユーザー[roundcube]作成、<password]>は各自任意に作成
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]> exit;
Bye

3.RoundCubemail のインストールと設定
EPEL からインストールしますので、下記を参考にEPELリポジトリーをインストールしておいてください

#28行目 : DB 接続情報を変更
[password] の箇所は MariaDB の [roundcube] ユーザーに設定したパスワード
$config['db_dsnw'] = 'mysql://roundcube:password@localhost/roundcubemail';
41行目 :
IMAP サーバー指定 (SSL化済の場合)
$config['default_host'] = 'tls://mail.korodes.com';
IMAP サーバー指定 (SSL化していない場合)
$config['default_host'] = 'mail.korodes.com';

55行目 :
SMTP サーバー指定 (SSL化済の場合)
$config['smtp_server'] = 'tls://mail.korodes.com';
SMTP サーバー指定 (SSL化していない場合)
$config['smtp_server'] = 'mail.korodes.com';

58行目 :
SMTP ポート (SSL化済の場合)
$config['smtp_port'] = 587;
SMTP ポート (SSL化していない場合)
$config['smtp_port'] = 25;

62行目 : 確認
$config['smtp_user'] = '%u';
66行目 : 確認
$config['smtp_pass'] = '%p';
73行目 : 画面に表示したいタイトル
$config['product_name'] = 'Korodes Webmail';

最終行に追記
IMAP ポート指定
$config['default_port'] = 143;
SMTP 認証タイプを指定
$config['smtp_auth_type'] = 'LOGIN';
SMTP HELO host を指定
$config['smtp_helo_host'] = 'mail.korodes.com';
ドメイン名を指定
$config['mail_domain'] = 'korodes.com';
UserAgent を指定
$config['useragent'] = 'Korodes Webmail';
SMTP と IMAP の接続オプションを指定
$config['imap_conn_options'] = array(
'ssl' => array(
'verify_peer' => true,
'CN_match' => 'korodes.com',
'allow_self_signed' => true,
'ciphers' => 'HIGH:!SSLv2:!SSLv3',
),
);
$config['smtp_conn_options'] = array(
'ssl' => array(
'verify_peer' => true,
'CN_match' => 'korodes.com',
'allow_self_signed' => true,
'ciphers' => 'HIGH:!SSLv2:!SSLv3',
),
);

4.Apache の設定

5.RoundCubeにアクセスして確認
任意のWEBブラウザで「https://サーバードメイン名/roundcubemail/」にアクセスすると下記ログイン画面になるので
ユーザー名 : メールサーバー側の登録ユーザー名
パスワード : 同上ユーザーのパスワード

ログインに成功すると下記WEBメール画面になるので自分あてに送受信して確認する

RoundcubeでWEBメール構築 Debian系は こちら


 

nuyをフォローする
Linuxでサーバー構築
タイトルとURLをコピーしました