「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

Ubuntu Server 20.04でサーバー構築 イメージの入手とインストール

Ubuntu Server 20.04インストールイメージのダウンロード

Ubuntu Serverのインストール用メディアはインターネット上の公式サイトからダウンロードできます。高速な回線さえあれば2~3分程度でOS自体をダウンロードすることができます。ダウンロードしたisoファイルからインストール用CD/DVDを作成する必要があります。(約1.2G)
Vmware等を使用して仮想マシンにインストールする場合はisoファイル自体を利用できます。
isoファイルのダウンロード先は「Ubuntu 公式ダウンロードサイト」です。

Ubuntu Server 20.04 インストール

上記で作成したインストールディスクから起動できるようにBIOSを変更して、PCを起動する

1.インストール画面

①言語を選択して[ENTER]キーを押します、日本語は無いようなので英語で進めます

次の画面が出ますので、「Continue without updating」を選択してEnter

②キーボードの選択
Layoutにカーソルを合わせて[ENTER]キーを押します

カーソルの移動は[上下の矢印]キー、もしくは[Tab]キーで移動できます

③キーボードレイアウトで[Japanese]を選択して[ENTER]キーを押します

④キーボードレイアウトが選択できたら[Done]を押します

⑤ネットワーク設定(固定IPアドレスを使用する)
接続しているNICを選択して[ENTER]キーを押します

「Edit IPv4」を選択し、Enter

続いて次の画面で「Manual」を選択し、Enter

次の画面で、必要事項入力する。
サーバーのローカルIPアドレスが「192.168.11.63」の場合を例にすると
Subnet  :  192.168.11.0/24
Adddress : 192.168.11.63
Gateway  :  192.168.11.1 (通常ルーターのアドレス)
Name Servers 192.168.11.1 (通常ルーターのアドレス)
Search domains  サーバーに適用する独自ドメイン

ネットワーク設定を入力して[Save]を選択

⑥IPアドレスが正確に付けられていることを確認して[Done]を選択

⑦Proxyを使用する環境の場合は、Proxyサーバの情報を入力します
Proxyサーバを使用しない場合は空白のまま[Done]を選択します

⑧ミラーサイトの選択
できるだけ日本のミラーサイトを選択する。デフォルトでjpの付いたミラーサイトが表示されるので
そのままDoneをEnter

⑨インストール先のディスク構成を設定 今回は自動設定にする
自動設定するならば[Use an entire disk]にマークし、Done、

⑩確認画面で[Done]を選択

⑪フォーマットの確認に[Continue]を選択

⑫[ユーザ名]、[ホスト名]、[パスワード]などを入力して[Done]を選択します

your name   任意の名前でよい
your server’s name  他のコンピュータと区別するためのホスト名
Pick a username  サーバーにログインするための一般ユーザー名
Choose a password 一般ユーザーでログインするためのパスワード
Confirm your password 同上パスワード

⑬SSHサーバーのインストール
「Install Openssh server」にマークする
SSH Keyは必要としないので「No」を選択し、Done

⑭インストールするパッケージの選択
今回は何も選択しないので、そのままDone

⑮インストール状態が表示されます

⑯インストールが完了したら[Reboot NOW]を選択

⑰Ubuntuが起動してコンソールが表示されます。ログインできればインストール成功です

タイトルとURLをコピーしました