「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

Rocky Linux8.6 : 初期設定

1.SELinuxの無効化

まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。

このままでは、サーバーを再起動すればseinuxは有効に戻りますので、永久にselinuxを無効にするには/etc/sysconfig/selinuxファイルを修正します。

「SELINUX=enforcing」を「SELINUX=disabled」に変更する

2.システムの最新化

OSインストール直後にはできるだけ早期にパッケージのアップデートを行います。
しかし、dnf updateを行うと、カーネルアップデートも同時に行われます。
カーネルアップデートを行うと、システムの再起動やサービスの停止が必要だったり、最悪カーネルパニックが発生して、システムが起動しない場合があります。カーネルを除外してアップデートする方が賢明です。
dnf -y updateの後ろに「--exclude=kernel*」を指定して実行することで
カーネルをアップデート対象から除外することできます。

3.セキュリティ対策のため停止するサービス

次の不要と思われるサービスを停止します。

atd  単発的にスケジュール化した コマンド を実行させるデーモン
kdump  システムがクラッシュした時、原因を特定するためのdumpファイルを保存してくれるサービス
lvm2-monitor 論理ボリュームマネージャー(LVM) 利用時の障害監視のためのデーモン
mdmonitor  ソフトウェアRAID 監視サービス
smartd  ハードディクスのS.M.A.R.T.による自己診断機能情報を取得する
tuned CPUガバナーを利用して強制的にCPUを最大パフォーマンスで動作させる

4.リポジトリーの追加

4.1 EPEL repository を追加

4.2 Remi's RPM repository を追加

5.ネットワークの設定

5.1 ホスト名の変更

試しにホスト名をLepardに変更します

5.2 固定IPアドレス設定

OSインストール時にデフォルトの DHCP による IP アドレス取得の設定になっている場合は、必要に応じてネットワークの設定を変更し固定IPアドレスにします。
先に自ネットワークインターフェースの名称を下記コマンドで調べる
今回は「ens160」である

ネットワークの設定ファイルを編集し、固定IPアドレスを「192.168.11.11」に変更します。

設定を反映させる

6.Vimの設定

①Vimのインストール
②Vimの適用と反映
③ユーザー固有環境として Vim の設定

タイトルとURLをコピーしました