「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

OracleLinux8.6 : ウィルス対策 、Mailサーバーインストール

clamav ( アンチウィルスソフト )のインストール

1.Clam AntiVirusインストール

2.Clam AntiVirus設定ファイル編集

3.ウイルス定義ファイル更新設定

4.ウイルス定義ファイル最新化

5.Clam AntiVirus起動

6.ウィスルスキャンを実施
■テスト用ウィルスをダウンロードして、ウィスルスキャンを実施

7.ウィルススキャン自動実行スクリプトの導入

8.ウイルススキャン除外ディレクトリー設定

sys ディレクトリ、proc ディレクトリは対象外にする

9.ウィルススキャンの定期実行
10.試しにスクリプトを実行し、フルスキャンする(時間がかかります)

メールサーバー インストール

1. Postfixのインストール

1.1 インストール
Postfix をインストールして SMTP サーバーを構築します

Postfix がインストールされているか確認

1.2 Postfix をサービスへ登録

1.3 postfix の設定ファイル、main.cf とmaster.cf ファイルをバックアップ

1.4 postfix の設定ファイル編集
メール不正中継防止のため、Dovecot の SASL 機能を利用して、送信にも認証を要求するように Postfix を設定します

SMTP ポート(25 番ポート) の解放

1.5 Postfix を起動

2.Dovecotインストール

2.1 dovecotインストール

2.2 dovecot.conf ファイルを編集

2.3 10-auth.conf ファイルを編集

2.3 10-mail.conf ファイルを編集

2.4 10-master.conf ファイルを編集

2.5 10-ssl.conf ファイルを編集

2.6 dovecot をサービスに登録し、起動する

2.7 firewalldでPOP/IMAP サービスの許可ポート開放を行う
POP は [110/TCP], IMAP は [143/TCP]

3.メールユーザー作成と動作確認

3.1 事前準備
①新規ユーザーの為の前処理
新規でユーザーを追加した場合、自動的にメールの送受信ができるよう設定をします。

②既存ユーザーのメール環境前処理
すでに作成してあるユーザーがメールの送受信が出来るよう設定をします。
3.2 ユーザーアカウント作成
3.3 動作確認
メールユーザーでログインして、テストメールを送る
3.4 動作確認 ②
Mozilla Thunderbirdにアカウントを設定し、確認します。今回は一般ユーザー「huong」で設定します

①Thunderbirdを起動し、「Tools」「Account Settings」

②「Account Actions」「Add Mail Account」

③「Your full name」は任意の名称
「Email addtess」は先ほど追加した「huong@korodes.com」
「Password」はユーザーhuongのパスワード
をそれぞれ入力し、「Configure manually」クリック

④「INCOMMING SERVER」「OUTGOING SERVER」を下図のように設定し、「Re-test」クリック

⑤「サーバーがみつかりました(The following settings were found by probinfg the given server)」が表示される

「Done」をクリックすると、下図の「警告」が表示されるが問題は無いので「Confirm」をクリック

⑥「アカウントが作成されました(Account syccessfuly created)」が表示されますので「Finish」クリック

Mail サーバー : Postfix + Clamav + Amavisd+SpamAssassin

1.メールのリアルタイムスキャン

①Amavisd および Clamav Server をインストール
➁設定ファイル編集
➂Amavisd を設定して起動
④Postfix の設定
 

# systemctl restart postfix
⑤Thunderbirdで自分宛にテストメールを送付し、受信メールのヘッダー表示部分に下記のように
「X-Virus-Scanned: amavisd-new at korodes.」が表示される

2.メールのスパム対策

 ①スパム対策としてSpamAssassin を導入
②SpamAssassin の設定
③SpamAssassin 設定ファイル最新化スクリプト
spamassassin-update スクリプトに実行権限を付与し、実行
/etc/mail/spamassassin ディレクトリにSpamAssassin 設定ファイルが当日日付で
作成されていることを確認
SpamAssassin 設定ファイルを最新化するスクリプトが毎日自動実行されるようcron に設定
④Postfix にSpamAssassin を組み込む
⑤postfix を再起動
⑥Thunderbirdで自分宛に本文に下記記入してメールを送ると、ヘッダーに次のように表示される。
XJS*C4JDBQADN1.NSBN3*2IDNEN*GTUBE-STANDARD-ANTI-UBE-TEST-EMAIL*C.34X
タイトルとURLをコピーしました