Fedora35 : 初期設定

1. SELinux の無効化

まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。ウェブサイトを見ながらサーバー構築を行って、思った通りに動作しない場合は、このselinuxが有効化されていることが原因だったりします。その為、インストール後に忘れずに無効化します。
次のようにすると無効化ができます。
一般ユーザーでログイン後、ルートユーザーに権限変更の方法は既知のこととして進めます。

変更後確認

2. システム最新化とセキュリティ対策のため停止したサービス

2.1 システム最新化

2.2 セキュリティ対策のため停止したサービス

3.サーバの時刻を日本標準時に同期させる

① 設定ファイルを下記の様に変更します。

②chrony を再起動し再起動後も chrony を有効にします

# が表示すば、OKです。

chronyd のステータス( 動作 )の確認。

下記の様に表示します。

*印がついていたら同期ができています。 (起動してから同期までに10分ぐらいかかります。)

タイトルとURLをコピーしました