Fedora35 : WEBサーバー

Apache2のインストールとバーチャルホスト設定

1.Apache2インストール

①httpdをインストール

# dnf -y install httpd

バージョン確認
# httpd -v
Server version: Apache/2.4.53 (Fedora Linux)
Server built: Mar 17 2022 00:00:00

2.Apache の設定

①httpd.conf ファイルを編集
# cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf_bak
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
●91行目 : 管理者アドレス指定
ServerAdmin [Email Address] ●100 行目あたり  ServerName の変更
「#ServerName www.example.com:80」の下に「ServerName ドメイン名」を追加
●149行目 : 変更 (Indexes は削除)
Options FollowSymLinks
●156行目 : 変更
AllowOverride All
●169行目 : ディレクトリ名のみでアクセスできるファイル名
「index.php index.cgi」を追加する
●最終行に追記
ServerTokens Prod
②Firewalld を有効にしている場合は HTTP サービスの許可が必要。HTTP は [80/TCP] を使用します
# firewall-cmd –add-service=http –permanent
# firewall-cmd –reload
⑤Apache の自動起動設定
# systemctl start httpd
# systemctl enable httpd
# systemctl status httpd
⑥動作確認
http://[サーバーIPアドレス] にアクセスすると下記のようにFedora Webserver Test Page が表示されればOK
⑦FedoraのWelcomeページを非表示にし、Test Pageとして新規にindex.htmlファイルを作成し、apacheの動作確認
ウェルカムページをリネームする
# mv /etc/httpd/conf.d/welcome.conf /etc/httpd/conf.d/welcome.conf.org
HTML テストページを作成
# vi /var/www/html/index.html
<html>
<body>
<div style=”width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;”>
Apache Test Page
</div>
</body>
</html>
http://<サーバーIPアドレス> にアクセスすると下記のようにTest Page が表示されればOK

3.バーチャルホストの設定

バーチャルホストで運用するドメイン名 [fedora.korodes.com] を、ドキュメントルート[/var/www/html/fedora.korodes.com] ディレクトリに割り当てて設定します

# vi /etc/httpd/conf.d/vhost.conf
バーチャルホストのドメインの設定
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot /var/www/html/fedora.korodes.com
ServerName fedora.korodes.com
ServerAdmin<Email Address>
ErrorLog logs/fedora.korodes.com-error_log
CustomLog logs/fedora.korodes.com-access_log combined
</VirtualHost>

<Directory “/var/www/html/fedora.korodes.com”>
Options FollowSymLinks
AllowOverride All
</Directory>

ドキュメントディレクトリーの作成

# mkdir /var/www/html/fedora.korodes.com

Apacheの再起動

# systemctl restart httpd

CGIスクリプトの利用確認

①CGIの利用可確認

# grep -n “^ *ScriptAlias” /etc/httpd/conf/httpd.conf
252:     ScriptAlias /cgi-bin/ “/var/www/cgi-bin/”
上記が表示され、「/var/www/cgi-bin/」配下で利用可能

②テストスクリプトを作成し、作動確認

# vi /var/www/cgi-bin/index.cgi
#!/usr/bin/python3
print(“Content-type: text/html\n”)
print(“CGI Script Test Page”)

# chmod 755 /var/www/cgi-bin/index.cgi
# curl localhost/cgi-bin/index.cgi
CGI Script Test Page

PHPのインストールと設定

1.PHPインストール

①インストール
# dnf -y install php php-mbstring php-pear
②Apache の再起動
PHP インストール後は、Apache  を再起動すればデフォルトで PHP-FPM (FPM : FastCGI Process Manager) が呼び出され、httpd の起動と連動して php-fpm サービスも起動されます
# systemctl restart httpd
# systemctl status php-fpm
php-fpm.service – The PHP FastCGI Process Manager
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/php-fpm.service; disabled; vendor >
Active: active (running) since Mon 2022-05-09 15:16:16 JST; 2min 28s ago
Main PID: 1782 (php-fpm)
Status: “Processes active: 0, idle: 5, Requests: 0, slow: 0, Traffic: 0req>
Tasks: 6 (limit: 4292)
Memory: 10.0M
CPU: 43ms
CGroup: /system.slice/php-fpm.service
tq1782 “php-fpm: master process (/etc/php-fpm.conf)”
tq1783 “php-fpm: pool www” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” >
tq1784 “php-fpm: pool www” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” >
tq1785 “php-fpm: pool www” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” >
tq1786 “php-fpm: pool www” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” >
mq1787 “php-fpm: pool www” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” “” >5月 09 15:16:16 fedora systemd[1]: Starting The PHP FastCGI Process Manager…
5月 09 15:16:16 fedora systemd[1]: Started The PHP FastCGI Process Manager.
③PHP の動作確認
下記のファイルを作成
# vi /var/www/html/<ドメイン名>/test.php
<?php phpinfo(); ?>
ブラウザでhttp://<ドメイン名>/test.phpにアクセスすると下記のような画面が表示されればOK
タイトルとURLをコピーしました