「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

ArchLinux ; インストール #1 イメージダウンロードと事前準備

Arch Linux について

Arch Linux は、Linux ディストリビューションの一つです。
他のディストリビューションでは、グラフィカルなインストールが行われる場合が多いですが、Arch Linux の場合は、CUI のコマンドライン画面上のコマンド操作でインストール作業を行います。
ただし、必要のない無駄なパッケージのインストールなどが行われることはないので、自由度が高く、軽量・コンパクトな独自の環境を作ることが出来ます。
Arch Linux には、他のディストリビューションにあるような「バージョン」の概念がありません。
インストール用の ISO には、インストール作業で使うコマンド等のみが収録されており、これらが常に最新のものとなるよう、ISO ファイルは毎月更新されます。

特長

・Arch Linux には、他のディストリビューションにあるような「バージョン」の概念がない
・インストール用の ISOイメージ には、インストール作業で使うコマンド等のみが収録されており、ISO ファイルは毎月更新される
・最新のカーネルやコマンドを使ってインストール作業ができる
・Arch Linux では、自分が使うものだけを選んでインストールすることができるため、余計なパッケージがインストールされることはありません。
・パッケージは、常にほぼ最新の状態で更新されるので、最新の Linux カーネルや、最新のバージョンのソフトなどを使用することができます。
・Arch Linux 専用のパッケージマネージャである pacman (CUI) は、パッケージのインストールに掛かる時間が、他のディストリビューションと比べて圧倒的に速い

・Linux を初めて使うような方や、Linux に慣れていない人には向きません。
・インストール作業に必要なコマンドなどは ISO に含まれていますが、実際にインストールするパッケージは、すべてネットからダウンロードする必要があります。
・インストール時は手動でコマンドを入力していく
・インストールするパッケージで必須となるのは、CUI 環境が起動できるだけの最低限のものだけなので、他に必要なパッケージは、自分で調べて、インストールや設定などを行う必要があります。
・コマンドツールの更新や変更により、インストール用の ISO に含まれるコマンドが変更されることがあります。
・安定したバージョンを長く使いたい場合には向きません。

Arch Linux インストール

インストール方法

・ISO ファイルをダウンロードしブータブルメディアを作成し、BIOS 設定でブータブルメディアから起動しぶつりサーバーを作成する  
・Vmware Workstation 等の仮想環境上に作成する。この場合はブータブルメディアを作成する必要はありません、ISOファイル自体を利用します。

インストール前の注意点
・Secure Boot (セキュアブート)を無効にする
・CSM (Compatibility Supported Module)を有効にする

1. インストールの準備

インストールイメージのダウンロード

Arch Linux のインストール用 ISO ファイルを、公式サイトからダウンロードします。
現在の最新ファイルは"archlinux-2023.12.01-x86_64.iso"ですがほぼ毎月更新されますので適宜選択してください。

2. 仮想環境の構築

今回はVmware Workstation Pro の仮想環境上にUEFIモードでインストールします。
Vmware Workstation ProでUEFIモードにするにはArchLinux.vmxに「firmware = "efi"」を追加します

ダウンロードしたarchlinux-2023.12.01-x86_64.isoを使いVmware Workstation Pro上に仮想環境を構築し、起動する

インストールメニューが表示されるのでデフォルトのままEnter(UEFIモードになっていることを確認)

しばらくするとコマンド入力表示になるので実際のインストール作業に入る。

3.インストールの開始

Arch Linuxのインストールは他のディストリビューションと少し違います、順序として
・インストール先のディスクの準備
・パッケージのダウンロード
・インストール先のディスクに入り各種設定
・インストール先のディスクから起動し、各種設定

3.1 キーボードレイアウト設定
日本語キーボードを使えるようにする

3.2 UEFI モードで起動しているか確認

UEFI モードの場合は、ファイルがいくつか表示されます。
BIOS モードの場合は、上記のディレクトリ自体が存在しません

3.3 SSHによるリモート接続
コンソール画面では入力しづらいので暫定的にSSH接続しWindowsのTeraTermで操作できるようにする
まずroot(ルート)のパスワードを設定する(とりあえず簡単なものにする)

IPアドレスの確認

SSH設定ファイルを編集して、rootでパスワード接続できるようにする

SSHサービスを再起動する

以降WindowsのTeraTermで操作する

タイトルとURLをコピーしました