「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

fedora35

fedora35

Fedora35 : Logwatch , DiCEのインストール

Logwatch 導入 ①インストール # dnf install logwatch ②設定ファイルの編集 # cat /usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.conf >> /etc/logwatch/conf/logwatch.conf # vi /etc/logwatch/conf/logwatch.conf ●53 行目あたり
fedora35

Fedora35 ; Let’s Encryptで証明書取得 , Apache Mail SSL化

SSL証明書を取得する (Let's Encrypt) 最新のopen sslをインストールしておく # dnf install openssl-devel 1.証明書のインストール # dnf -y install certbot # certbot certonly --webroot -w /var/www/html/[ドメイン名] -d [ドメイン名]
fedora35

Fedora35 : SNORT , Tripwire インストール

SNORT インストール 1.事前準備 ①CodeReady Red Hat リポジトリを追加し、必要なソフトウェアをインストールする # dnf -y install bison flex libpcap-devel pcre-devel openssl-devel libdnet-devel libtirpc-devel libtool nghttp2 libnghttp2-devel
fedora35

Fedora35 : WEBサーバー

Apache2のインストールとバーチャルホスト設定 1.Apache2インストール ①httpdをインストール # dnf -y install httpd バージョン確認 # httpd -v
fedora35

Fedora35 : FTPサーバー(Vsftpd)

FTPサーバ インストール 1. vsftpdインストール # dnf -y install vsftpd 2.vsftpd の設定 編集前の vsftpd.conf を .bak を付けて保存 # cp /etc/vsftpd/vsftpd.conf /home/huong/vsftpd.conf.bak ①設定ファイルの編集 # vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
fedora35

Fedora35 : SSHの公開鍵暗号方式

SSH の公開鍵暗号方式設定 Windowsに SSH 秘密鍵、サーバーに SSH 公開鍵を作成し、鍵ペアによる認証でログインできるようにする。 1.ECDSA でキーペアを作成 一般ユーザーになり、ECDSA でキーペアを作成します
fedora35

Fedora35 : SSH , Firewall 設定

1.SSHによるリモート接続の設定 SSHはサーバーへリモートで接続するためのサービスで、基本的にはOSインストール直後に動作していますが、デフォルトの設定ではややセキュリティに難があります。 ここではデフォルトの設定を変更してssh接続のセキュリティを高める設定を行います。 1.1 SSHサービスの設定ファイル変更 SSHサービスの設定を変更するために設定ファイルを変更します。 SSHサービスの設定ファイルは"/etc/ssh/sshd_config"になります。設定ファイルをviエディターで開きます。(viエディタの使い方はネットに情報がたくさんありますので調べて下さい)
fedora35

Fedora35 : 初期設定

1. SELinux の無効化 まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。ウェブサイトを見ながらサーバー構築を行って、思った通りに動作しない場合は、このselinuxが有効化されていることが原因だったりします。その為、インストール後に忘れずに無効化します。 次のようにすると無効化ができます。 一般ユーザーでログイン後、ルートユーザーに権限変更の方法は既知のこととして進めます。
fedora35

Fedora35 : ウイルス対策 、Mailサーバー

clamav ( アンチウィルスソフト )のインストール 1.Clam AntiVirusインストール # dnf -y install clamav clamd clamav-update 2.Clam AntiVirus設定ファイル編集
fedora35

Fedora35 : MySQL 8 . WordPress インストール

Mysql8 インストール #dnf module -y install mysql:8.0 #vi /etc/my.cnf.d/charset.cnf charset.cnf 下記の内容で新規作成 # デフォルトの文字コードを設定 # 絵文字等 4 バイト長の文字を扱う場合は [utf8mb4] [mysqld] character-set-server = utf8mb4 [client] default-character-set = utf8mb4
fedora35

Fedora35 : システムのバックアップ & リストア

Web構成ファイル(html配下)バックアップ ①html配下バックアップスクリプトファイルの作成 # cd /var/www/system/ # vi html_backup.sh html_backup.shの内容 #!/bin/bash #日付処理関連(10日分保存) TODAY=`/bin/date +%Y%m%d`
fedora35

Fedora35 : インストール

Fedora とは Fedora(フェドラ)は、Linuxディストリビューションのひとつである、オープンソースのOSソフトウェアです。2003年末に開発が終了したRed Hat Linuxの後継としてプロジェクトがスタートしました。コミュニティ主導で現場の声を積極的に取り入れ、高度で柔軟な、先進的機能の導入を行っているところに特徴があります。 Linuxディストリビューションとして人気が高い「Ubuntu」などと比較した場合、もっとも明確に現れる違いは「先進性」と「安定性」のバランスです。ただし、現在では安定性も大幅に改善されており、機能試験的な用途だけでなく、常用できるOSとしての評価も高めています。新しく便利な機能を一刻も早く取り入れたいという方々には、Fedora(フェドラ)は最適となるでしょう。 ただし、本番環境や企業ニーズとして利用するのは控えた方がよいでしょう。 今回は、2021年11月02日リリースされた最新のFedora35 Serverを使用します。
タイトルとURLをコピーしました