ntpdate コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

ntpdate コマンド サーバーの時刻を合わせる
文法
ntpdate  タイムサーバー名(又はIP アドレス)
ntpdate コマンドは、インターネットに存在するタイムサーバー(以下NTP サーバー)へ接続し、
サーバー自身の時刻を修正するコマンドです。
ntpdate コマンドを定期的に実行し、常に時刻を正確に保つことができます。このコマンドは
スーパーユーザー(root)権限で実行する必要があります。
よく使うオプション
-b             時刻を強制的に修正
-d            デバックモードを有効
-s             ntpdate を実行した際のログをsyslog へ出力
-t 秒数      タイムアウト時間を指定(デフォルトは1 秒)
使用例・・・時刻を修正する
$  ntpdate  ntp.jst.mfeed.ad.jp   ←  ntp.jst.mfeed.ad.jp へ接続し、時刻を修正します
主なNTP サーバー
MFEED時刻情報提供サービス        ntp.jst.mfeed.ad.jp
独立行政法人情報通信研究機構      ntp.nict.jp
国立天文台                                 s2csntp.miz.nao.ac.jp
アマノビジネスソリューションズ株式会社  ats1.e-timing.ne.jp
タイトルとURLをコピーしました