cp コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

cp コマンド ファイルをコピーする
文法
cp (オプション) コピー元ファイル名 コピー先ファイル名
ファイルやディレクトリをコピーする場合に使用します。
実行する際は、コピー元ファイル名とコピー先ファイル名を
指定して実行する必要があります。
よく使うオプション
-r ディレクトリごとコピーする
-f コピー先ファイルが既に存在する場合、強制的に上書きする
-i コピー先ファイルが既に存在する場合、上書きするか確認する
-p コピー元の所有者、タイムスタンプ、アクセス権などの情報を保持したままコピーする
使用例・・・ファイルをコピーす
$ cp data.dat data_new.dat  「data.dat」を「data_new.dat」へコピーします。
使用例・・・ディレクトリごとコピーする
$ cp -r dir1 dir2 ←「cp」コマンドにオプションで「-r」をつけて実行します。
タイトルとURLをコピーしました