tar コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

tar コマンド 複数のファイルを一つにまとめる
文法
tar   [オプション]  アーカイブ先 アーカイブ元
tar コマンドは、複数のファイルを一つにまとめるコマンドです。
複数のファイルをまとめる事を「アーカイブ」と言います。
コマンドの実行方法は、「アーカイブ元」にまとめたいファイルを指定し、「アーカイブ先」にアーカイブ
後のファイル名を指定します。「c」オプションを付けて実行すると、tar コマンドは指定したファイルを
アーカイブします。
「x」や「t」オプションを指定すると、tar コマンドはアーカイブから指定したファイル情報を表示したり、
そのファイルを取り出したりします。
tar コマンドはハイフン「-」を付けなくてもオプション指定ができます。
よく使うオプション
c   新たにアーカイブを作成する
v   実行結果を表示する
z   zip としてアーカイブする
t   アーカイブ内容を表示する
x   アーカイブからファイルを抽出する
f    指定されたファイルにアーカイブデータを出力する
k   展開する際、同名のファイル、ディレクトリがある場合、警告を表示して展開を中止する
使用例・・・アーカイブを作成する
「temp_01.txt」「temp_02.txt」「temp_03.txt」「temp_04.txt」の4ファイルを「temp.tar」ファイルとしてアーカイブします
$ tar cvf  temp.tar temp*
使用例・・・アーカイブをgzip 圧縮で作成する(アーカイブ拡張子tar.gz)
$ tar czvf  temp.tar.gz  temp*
使用例・・・アーカイブをgzip 圧縮で作成する(アーカイブ拡張子tgz)
$ tar czvf  temp.tgz  temp*
タイトルとURLをコピーしました