mv コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

mv コマンド ファイルを移動する、ファイル名を変更する
文法
mv  (オプション)  移動元 移動先
mv  (オプション)  変更前ファイル名  変更後ファイル名
mv コマンドは、指定されたファイルを指定されたディレクトリに移動します。
実行する際は、移動元と移動先を必ず指定しなければなりません。
また、移動先に指定する際、ファイル名を別名にした場合、ファイル名も変更されます。
また、同じディレクトリ内で指定した場合は、単純にファイル名の変更を行うことができます。
よく使うオプション
-f  移動先に同名ファイルが既に存在する場合、強制的に上書きする
-i  移動先に同名ファイルが既に存在する場合、上書きするか確認する
-u   移動先に同名ファイルが既に存在する場合、タイムスタンプが
      移動元ファイルと同じか、新しい場合は移動しない
使用例・・・ファイルを移動する
$ mv data.dat /tmp ←data.dat を/tmp ディレクトリに移動します。
使用例・・・移動先に同じファイル名のファイルがある場合、強制的に上書きする
$ mv -f test.txt /tmp  ← /tmp ディレクトリへtest.txt を強制上書き移動します。
使用例・・移動先に同じファイル名のファイルが存在する場合、上書きするか確認する
$ mv -i  test.txt  /tmp/  ← /tmp ディレクトリへtest.txt を上書きするか確認して移動します。
使用例・・移動先ファイルのタイプスタンプが移動元と同じか新しい場合、移動しない
$ mv -u /tmp/test.txt ./test.txt  ← オプション「-u」を付けて移動を実行します。
タイトルとURLをコピーしました