cat コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

cat コマンド ファイルの内容を表示する
文法
cat   [オプション]   ファイル名
cat コマンドは、引数として指定されたファイルの内容を標準出力で出力します。
複数のファイルを引数として指定すると、指定されたファイルの内容を連結して表示します。
よく使うオプション
-v  制御コードなどの非表示コードも表示する
-e  -v オプションの機能に加え、行末に$を付加して表示する
-t   -v オプション機能に加え、Tab コードを^I と表示する
-s  複数の連続する空行を1 行の空行に置き換える

temp1.txtの内容が次の場合

使用例・・・ファイルの内容を表示する
$  cat temp1.txt 
A.    abc
B.   def
C.    ghi
D.
使用例・・・行末に$を付けて表示する
$  cat -e  temp1.txt   ← オプション「-e」を付けて実行します。
A.    abc$
B.   def$
C.    ghi$
$
$
$
D.$
使用例・・・TAB コードを付けて表示する
$  cat -t temp1.txt   ← オプション「-t」を付けて実行します。
A. ^|^|^|abc
B.   def..
C. ^|^| ghi—
D.
↑タブが入力されている箇所が「^|」と表示されています
使用例・・・複数の連続する空白行を1 行の空白行に置き換える
$  cat -s temp1.txt   ← オプション「-s」を付けて実行します。
A.    abc
B.   def
C.    ghi
  空白行が1 行になる
D.
タイトルとURLをコピーしました