業務用エアコン関連の技術情報、エラーコード、環境問題対策に関する別サイト「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」

Ubuntu Server 18.04でサーバー構築 FTPサーバー、NTPサーバー導入

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.FTPサーバー vsftpdをインストール

①インストール

# apt install vsftpd

②UFWにてFTPが利用するPORT21を許可する

#ufw allow ftp

③設定ファイル(vsftpd.conf)の編集

# vi /etc/vsftpd.conf

 

# 匿名ユーザのログインを許可しない

anonymous_enable=NO

# ローカル ユーザ アカウントによる ログインを許可する

local_enable=YES

# ファイルに変更を加える FTP コマンドの使用を許可する

write_enable=YES

# 新規ファイルに適用するパーミッション値を設定する   

local_umask=022

# ユーザのログイン ディレクトリを、そのユーザのルート ディレクトリに変更する

chroot_local_user=YES

# ユーザのログイン ディレクトリを、そのユーザのルート ディレクトリに変更する

chroot_local_user=YES

# vsftpd.chroot_listにリストアップされたユーザは上記規制の対象外にする

chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list

# ASCIIによるアップロードを許可する

ascii_upload_enable=YES

# ASCIIによるダウンロードを許可する

ascii_download_enable=YES

# 131行目:コメント解除( ディレクトリごと一括での転送有効 )

ls_recurse_enable=YES

④許可ユーザーリストファイル作成

# vi /etc/vsftpd.chroot_list

<user>

⑤vsftpdを有効

# systemctl restart vsftpd

⑥FTPクライアントの設定
FFFTPを開き、メニューバーから接続を選択します。

ホスト一覧というウィンドウが開きます。新規ホストを選択してください。

ホストの設定というウィンドウが開きます。以下を入力し、OKを押してください。

  1. ホストの設定名(任意の名前)
  2. ホスト名(UbuntuのIPアドレス)192.168.0.100
  3. ユーザ名(Ubuntuのユーザ名)<一般ユーザー名>
  4. パスワード <一般ユーザーのパスワード>

ホスト一覧ウィンドウに戻りました。接続を押してください。

暗号化の状態の保存というウィンドウが開きます。はいを選択してください。

左側にWindowsのディレクトリ、右側にUbuntuのディレクトリが表示されれば、接続成功です。

もし、つながらない場合はPassiveモードを入り切りする

2.NTPサーバー導入と時刻合わせ

2.1 時刻合わせ

①timedatectlの有効化
set-ntpオプションで有効/無効を切り替える

# timedatectl set-ntp true

②現在システム時刻確認

# timedatectl status

 

Local time: 日 2015-06-28 00:19:26 JST

  Universal time: 土 2015-06-27 15:19:26 UTC

        RTC time: 土 2015-06-27 15:19:26

       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)

      NTP enabled: yes             ← NTP時刻同期化有効の状態

NTP synchronized: yes             ← NTP時刻同期化済み

 RTC in local TZ: no

      DST active: n/a

③/usr/lib/systemd/systemd-timesyncd デーモンプロセス状態確認

# systemctl status systemd-timesyncd.service

●systemd-timesyncd.service – Network Time Synchronization   Loaded:loaded(/usr/lib/systemd/system/system-timesyncd.service; enabled; vendor preset: enabled)

   Active: active (running) since 土 2015-06-27 19:29:29 JST; 4h 57min ago

     Docs: man:systemd-timesyncd.service(8)

 Main PID: 8787 (systemd-timesyn)

   Status: “Using Time Server 213.239.154.12:123 (0.arch.pool.ntp.org).”

   CGroup: /system.slice/systemd-timesyncd.service

           └─8787 /usr/lib/systemd/systemd-timesyncd

 6月 27 19:29:29 mimi systemd[1]: Starting Network Time Synchronization…

 6月 27 19:29:29 mimi systemd[1]: Started Network Time Synchronization.

 6月 27 20:45:20 mimi systemd-timesyncd[8787]: Timed out waiting for reply from 202.234.64.222:123 (0.arch.pool.ntp.org).

 6月 27 20:45:30 mimi systemd-timesyncd[8787]: Timed out waiting for reply from 157.7.153.56:123 (0.arch.pool.ntp.org).

タイムゾーンの変更

Asia/Tokyoタイムゾーンの指定

利用可能なゾーンの表示

# timedatectl list-timezones

Africa/Abidjan

Africa/Accra

タイムゾーンの指定、/etc/localtimeのリンク先が変わる

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

タイムゾーンの確認

# timedatectl status

      Local time: 日 2015-06-28 17:57:04 JST

  Universal time: 日 2015-06-28 08:57:04 UTC

        RTC time: 日 2015-06-28 08:57:04

       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)

      NTP enabled: yes

NTP synchronized: yes

 RTC in local TZ: no

DST active: n/a

2.2 NTP サーバー : NTPd の設定

①NTPサーバーインストール

apt -y install ntp

②設定ファイル編集

Asia/Tokyoタイムゾーンの指定

利用可能なゾーンの表示

# timedatectl list-timezones

Africa/Abidjan

Africa/Accra

タイムゾーンの指定、/etc/localtimeのリンク先が変わる

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

タイムゾーンの確認

# timedatectl status

      Local time: 日 2015-06-28 17:57:04 JST

  Universal time: 日 2015-06-28 08:57:04 UTC

        RTC time: 日 2015-06-28 08:57:04

       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました