「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

2022-12

OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : OSインストール

OracleLinux9.1インストール Oracle Linuxは、Red Hat Enterprise LinuxやCentOS Linuxに代わる100%アプリケーション・バイナリ互換性のある選択肢を提供し、ハイブリッド環境とマルチクラウド環境の両方に対応しています。 2006年以降、Oracle Linuxは完全に無料でダウンロードして使用できます。ソースコード、バイナリ、アップデートは無料で提供されます。自由に再配布可能です。本番環境での使用は無料です。 今回は、最新のOracle Linux9.1で進めていきます。
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : OSインストール後の初期設定

1.bash補完機能拡張パッケージのインストール # dnf -y install bash-completion # reboot 2.SELinuxの無効化 まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。 SELinuxの動作モード Enforcing : SELinux機能は有効でアクセス制御も有効 Permissive : SElinuxはwarningを出すが、アクセス制限は行われません disabled : SElinux機能・アクセス制御ともに無効
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : SSH , Firewalld , NTP サーバー

1.SSHによるリモート接続の設定 SSHはサーバーへリモートで接続するためのサービスで、基本的にはOSインストール直後に動作していますが、デフォルトの設定ではややセキュリティに難があります。 ここではデフォルトの設定を変更してSSH接続のセキュリティを高める設定を行います。 1.1 SSHサービスの設定ファイル変更 SSHサービスの設定を変更するために設定ファイルを変更します。 SSHサービスの設定ファイルは"/etc/ssh/sshd_config"になります。
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : SSH 鍵ペアでの認証SSH接続

公開鍵暗号方式を用いた認証によるSSH接続  公開鍵、秘密鍵ペアの作成 OpenSSH 使って Linux サーバに接続するユーザの公開鍵と秘密鍵のペアを作成します。 鍵ペアの作成は ssh-keygen をを使います。 公開鍵と秘密鍵のペアの作成はリモートログインするユーザ権限で実行します。 作成先・ファイル名を指定しなければ、 /home/(ユーザ名)/.ssh/ に id_ed25519, id_ed25519.pub が作成される。 途中、鍵用のパスワードも入力する。
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : FTPサーバー , Sambaでファイルサーバー導入

1.FTPサーバ インストール 1.1vsftpdインストール # dnf -y install vsftpd 1.2vsftpd の設定 編集前の vsftpd.conf を .bak を付けて保存 2. vsftpd SSL/TLS Vsftpd を SSL/TLS で利用できるように設定します 2.1 自己署名の証明書を作成 Let's Encrypt 等の信頼された正規の証明書を使用する場合は当作業は不要です 3. Sambaでファイルサーバー導入 ユーザー認証が必要なアクセス権付ファイルサーバーをSambaで構築します。 導入手順 ①ユーザー認証が必要なアクセス権付の共有フォルダーを作成 ②アクセス可能なグループ作成 ③アクセス可能なグループに属するユーザー作成 ④設定ファイル編集
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : WEBサーバー,バーチャルホスト

1.Apache2のインストールとバーチャルホスト設定 1.1 Apache2インストール ①httpdをインストール 1.3 バーチャルホストの設定 バーチャルホストで運用するドメイン名 [oracle.korodes.com] を、ドキュメントルート[/var/www/html/oracle.korodes.com] ディレクトリに割り当てて設定します 2. CGIスクリプトの利用確認 ①CGIの利用可確認 3. PHPのインストールと設定 1.PHPインストール ①インストール
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : Clamav(アンチウィルス) , Mailサーバー

clamav ( アンチウィルスソフト )のインストール 1.Clam AntiVirusインストール # dnf -y install clamav clamd clamav-update メールサーバー インストール 1. Postfixのインストール 1.1 インストール Postfix をインストールして SMTP サーバーを構築します Mail サーバー : Postfix + Clamav + Amavisd+SpamAssassin 1.メールのリアルタイムスキャン ①Amavisd および Clamav Server をインストール
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : SSL証明書取得( Let's Encrypt ) , WEB , Mail サーバーSSL

1.SSL証明書を取得する ( Let's Encrypt ) 最新のopen sslをインストールしておく # dnf install openssl-devel 1.1 事前準備 1.パッケージ管理システムSnappyインストール Let’s EncryptのSSL証明書発行ツール「certbot」は2021年以降は「snap」を利用したインストールが推奨されていますので、まずSnapdをインストールします。(dnfまたはyumでの従来の方法でもインストールできます) 2. Apache のhttps 化 下記をインストールする # dnf -y install mod_ssl 3. Mail サーバーにSSL/TLS(Let's Encrypt) の設定 3.1 メールサーバー用証明書の取得 メールサーバー用の証明書を取得するが上記と同様の方法では取得できないので「--standalone」オプションをつけて下記のようにしても失敗する。
OracleLinux9.1

OracleLinux9.1 : MySQL8 , WordPress インストール

Mysql8 インストール # dnf -y install mysql-server charset.cnf 下記の内容で新規作成 #vi /etc/my.cnf.d/charset.cnf # デフォルトの文字コードを設定 絵文字等 4 バイト長の文字を扱う場合はutf8mb4 WordPressインストール 1. Word Press 用のデータベースを作成 例としてデータベース[wp_db] データベースユーザー[wp_user] パスワード[?W123456]とします
WinServer2019

Windows Server2019 : OS インストール

インストールイメージダウンロード Windows Server2019は有償でありますが、評価版 (期間限定 180 ...
WinServer2019

Windows Server2019 : 初期設定

1.コンピューター名の変更 コンピューター名(ホスト名)は非常に重要な設定項目で管理上適切な名前に設定する。 今回は...
WinServer2019

Windows Server2019 : リモートデスクトップ

リモートデスクトップの設定 Windowsリモート デスクトップ サービスには、次の3つのライセンス モードがあります...
WinServer2019

Windows Server2019 : SSH鍵ペア認証で接続

鍵ペアを作成したいユーザーの作成 今回は管理者権限を持ったローカルユーザーを作成します → → → → を...
WinServer2019

Windows Server2019 : WEBサーバー

1.  IIS (Internet Information Services) インストール を起動し、 をクリック...
WinServer2019

Windows Server2019 : FTP サーバー

FTP サーバー インストール 1. を起動し、 をクリック 2. をクリック 3.インストール...
タイトルとURLをコピーしました