「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

他のユーザにファイルを見せないようにする

他のユーザにファイルを見せないようにする

Linuxでは、他のユーザにファイルを見せないようにすることができる。chmodコマンドを使用してファイルの権限を変更する。
他のユーザとは、ファイルの所有者グループに所属してる他のユーザと、それ以外のユーザになります。

ファイルの権限を変更して、他のユーザが見れないようにする
[root@lion root]# echo “test text” > /tmp/samptxt
[root@lion root]# ls -l /tmp/samptxt
-rw-r–r– 1 root root 5 Mar 5 01:23 /tmp/samptxt
↑test textと書かれたファイル(samptxt)を/tmpディレクトリに作成。
[root@lion root]# chmod 600 /tmp/samptxt
[root@lion root]# ls -l /tmp/samptxt
-rw——- 1 root root 5 Mar 5 01:23 /tmp/samptxt
↑chmodコマンドを使用してsamptxtファイルの権限を600に変更します。

[root@lion root]# cat /tmp/samptxt

test text
↑catコマンドを使用して、read_onlyファイルの内容を表示します。

[root@lion root]# su – nuy

[nuy@lion nuy]$ cat /tmp/samptxt
cat: /tmp/samptxt: 許可がありません
↑他のユーザになってファイルを参照しますが、権限エラーで見れません。
タイトルとURLをコピーしました