「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

一般ユーザーでroot権限のコマンドを実行する

一般ユーザーでroot権限のコマンドを実行する

一般ユーザーでログインの時、root権限のコマンドを使用する場合は、sudoコマンドを使う。
sudoコマンドの引数に実行したいコマンドを指定して実行することで、rootコマンドを実行することができる。前提として、sudoコマンドを実行する際には、あらかじめ/etc/sudoersファイルに実行を許可したいユーザを設定しておく必要がある。
また、sudoコマンドを実行したログはsyslogデーモンを経由して、ログファイルに記述され誰がいつどんなコマンドをsudoコマンドを使用したのかを詳しく知ることができる。

CentOSの場合 ユーザーnuyを設定する
[root@lion root]# visudo  ←/etc/sudoersファイルを編集するコマンドを実行

————————————————————
# sudoers file.
#
# This file MUST be edited with the ‘visudo’ command as root.
#
# See the sudoers man page for the details on how to write a sudoers file.
#
………..(略)
# Defaults specification
# Runas alias specification
# User privilege specification
root ALL=(ALL) ALL
nuy ALL=(ALL) ALL ←許可したいユーザー名nuyを追加します。
# Uncomment to allow people in group wheel to run all commands
# %wheel ALL=(ALL) ALL
# Same thing without a password ………..(略)
————————————————————
:wqで保存終了

 

sudoコマンドを実行してみる
[nuy@lion nuy]$ sudo su – ←一般ユーザーnuyでsuコマンドを実行
We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:#1) Respect the privacy of others.
#2) Think before you type.
#3) With great power comes great responsibility.Password: ←一般ユーザーnuyのパスワードを入力
[root@lion root]#   ←root権限になる
タイトルとURLをコピーしました