openSUSEでサーバー構築 ; OSダウンロード・インストール

openSUSEとは

OpenSUSEとは、コミュニティベースで無償公開され、最新技術の採用に積極的なLinuxディストリビューションである。ノベルがスポンサーを務め、コミュニティが開発を行っている。 元々はSUSEが開発するSUSE Linuxであったが、2003年のノベルによるSUSE買収後、ノベルは100%オープンソースを目指すディストリビューションとして、開発体制をOpenSUSEプロジェクトによるコミュニティベースに移行し、SUSE Linuxから現名称に変更した。

openSUSE は、安定版の Leap とローリングリリースモデルを採用した Tumbleweed (タンブルウィード)が用意されており、有償版の SUSE Linux Enterprise のベースにもなっています。

openSUSEプロジェクトは6月2日(ドイツ時間⁠)⁠,「⁠openSUSE Leap 15.3」の正式リリースを発表されたので今回は「⁠openSUSE Leap 15.3」でサーバーを構築します。
「⁠openSUSE 15」シリーズのコミュニティバージョンの3回目のポイントリリースで,エンタープライズバージョン「SUSE Linux Enterprise 15 SP3」と同じソースコード,同じバイナリパッケージからビルドされています。

1. OSダウンロード

https://www.opensuse.org/にアクセスし、ISOインストールディスクイメージをダウンロードして、DVDもしくはUSBにブートディスクとして作成する。ただし、公式ページにも記載しているとおり、USBブートディスクを作成する場合は、DDモードで作成すること。
以降、ダウンロードからインストール完了までスナップショットにて掲載する

公式ページにアクセスし、「Leap」を選択する ↓

「Offline Image」を選択しイメージファイルをダウンロードする ↓

作成したブートディスク(DVD,USB)からPCを起動するようBIOS設定後起動させると次の画面になる
「F2キー」をクリックして、日本語でのインストール表示にする ↓

「インストール」をクリックする ↓

「言語」を日本語、「キーボードレイアウト」を日本語にし、「ライセンス翻訳」をクリック ↓

「OK」をクリック ↓

「次へ」をクリック ↓

「オンラインリポジトリー」を有効化する ↓

「オンラインリポジトリーの一覧」が表示される、初期状態でOKそのまま「次へ」クリックすると書き込みが始まる ↓

今回はサーバー構築のためデスクトップ環境は入れないのでインストールするパッケージの選択では、「サーバ」を選択する  ↓

「タイムゾーン」の設定では「地域」はアジア、「タイムゾーン」は日本にする ↓

「パーテイーション」設定ではデフォルトで使用する そのまま「次へ」 ↓

「ローカルユーザー」の設定
ユーザーのフルネーム : 任意の名前
ユーザー名 : 任意の名前ですがサーバーにログインするときに入力するものになるので忘れないこと
パスワード : 任意のパスワードですがサーバーにログインするときに入力するものになるので忘れないこと
「このパスワードをシステム管理者用のものとしても使用する」のチェックははずす  ↓

管理者rootのパスワード設定

「インストール設定」ではデフォルトで進めますが、SSHサーバーの有効とSSHポートが開放されていることを確認の上「インストール」をクリック ↓

インストール完了後再起動する ↓

正常にインストールすれば下記の画面になる ↓

以上でopenSUSEのインストールは完了です、他のLinuxに比べても非常にインストール自体は簡単にできます。

続いて、本格的なサーバーの構築に移ります

タイトルとURLをコピーしました