「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

RPMパッケージのインストールテストを行う

RPMパッケージのインストールテストを行う

依存関係や競合などの問題によりインストールコマンドを実行してもエラーが表示されインストールできないことがあります。
インストール前にこうした問題が発生することがないかをテストする事が出来ます。
テストを行うには、rpmコマンドに「–test」オプションを付けてインストールを実行します。

[root@Lion ~]# rpm -ivh –test zlib-devel-1.2.3-4vl5.i386.rpm
↑rpmパッケージのインストールテストを行います。

RPMの依存と競合
RPMパッケージはその管理がとても容易で便利なものですが、エラーの多くは、依存パッケージの不足と競合です。
依存とは、インストールしようとしているパッケージを使用する上で、必要となるパッケージがインストールされていないことでライブラリ不足が発生しエラーになるケースです。
依存エラーの場合、依存パッケージを先にインストールします。

競合は同様の機能を提供するパッケージが既にインストールされていることにより衝突が発生してエラーになるケースです。競合は、衝突しているパッケージを削除する事で多く場合エラーを回避できます。

タイトルとURLをコピーしました