「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

ファイルシステムの一貫性をチェックする

ファイルシステムの一貫性をチェックする

ext2(Linux第2拡張ファイルシステム)及び、ext3(ジャーナル、自動記録保存つきLinux第2拡張ファイルシステム)を対象にファイルシステムの一貫性をチェックするにはe2fsckコマンドを使用します。
引数としてはチェック対象のボリュームのデバイス名を指定します。

注意
事項として検査が行われている途中でディスクアクセスがあるとシステムが破壊される恐れがあるので、e2fsckコマンドを実行する場合にはアンマウントできるボリュームはアンマウントし、/が置かれたボリュームを含む場合は、シングルユーザモードで実行するのが安全です。また、このe2fsckコマンドを実行するには、root権限が必要になります。

[root@Lion ~]# e2fsck -cfpv /dev/sda ←ボリューム「/dev/sda」のファイルシステムの一貫性をチェックします。
/dev/sda is mounted.WARNING!!! Running e2fsck on a mounted filesystem may cause
SEVERE filesystem damage.

Do you really want to continue (y/n)? yes ←対象ボリュームをアンマウントかシングルユーザモードで起動しているなら「y」を入力します

/boot: recovering journal

35 inodes used (0.13%)
2 non-contiguous inodes (5.7%)
# of inodes with ind/dind/tind blocks: 8/3/0
15397 blocks used (14.75%)
0 bad blocks
0 large files

22 regular files
3 directories
0 character device files
0 block device files
0 fifos
0 links
1 symbolic link (1 fast symbolic link)
0 sockets
——–

タイトルとURLをコピーしました