「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

Linuxで画像形式のファイルを編集する

Linuxで画像形式のファイルを編集する

画像を回転させる

Linuxのconvertコマンドは、画像を回転させることができます。
画像を回転させるには、convertコマンドに「-rotate」オプションを付けて、更に引数として回転角度を指定します。

[root@Lion ~]# convert -rotate 90 sample.jpg sample_90.jpg
↑ファイル「sample.jpg」を時計回りに90度回転させ、「sample_90.jpg」ファイルとして保存
※回転角度は基本的に時計回りに回転します。反時計回りに回転させるには、マイナス値を指定します。

画像を拡大、縮小する

画像フィアイルを拡大、縮小する場合は、convertコマンドに、「-geometry」オプションを付けて実行します。引数に、及び、高さを指定することもできますが、縦横比率を保持したまま拡大、縮小したい場合は、比率を「%」で指定することも可能。

[root@Lion ~]# convert -geometry 640×480 sample.jpg sample_640x480.jpg
↑「sample.jpg」を幅「640」ピクセル、高さ「480」ピクセルに変更して、名称を「sample_640x480.jpg」として保存
像の拡大、縮小処理を行いながら、保存先ファイルの拡張子を別の画像のものに変更
[root@Lion ~]# convert -geometry “60%” sample.jpg sample_640x480.BMP
↑「sample.jpg」を幅「60%」に縮小して BMP形式の「sample_60.BMP 」として保存
タイトルとURLをコピーしました