「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

ディレクトリ・ファイル操作

LinuxTips(RedHat系)

ディレクトリ内のファイルすべてを表示する

ディレクトリ内のファイルすべてを表示する ディレクトリ内のファイルを表示させるには「ls」コマンドを使用します。しかし...
LinuxTips(RedHat系)

シンボリックリンクを確認する

シンボリックリンクを確認する シンボリックリンクは、通常ののファイルに見えるが、実体となるファイルは別のディレクトリに...
LinuxTips(RedHat系)

ファイル、ディレクトリのデフォルトパーミッションを変更する

ファイル、ディレクトリのパーミッションを変更する ファイルやディレクトリを新規に作成した場合、デフォルトのパーミッショ...
LinuxTips(RedHat系)

ファイル・ディレクトリの所有権を変更する

To change the ownership of a file or directory, use the chown command. If you want to change the ownership of all files in a directory, run it with the -R option.
LinuxTips(RedHat系)

多段階層のディレクトリを一度で作成する

To create a directory, specify the directory name as the argument of the "mkdir" command and execute it, but if you specify a directory that does not exist when specifying a directory over a multi-level hierarchy, an error will occur. In such a case, you can force a non-existent directory to be created and create a multi-level directory at once by executing with the option "-p".
LinuxTips(RedHat系)

ディレクトリを削除する(ディレクトリ内も全て削除)

ディレクトリを削除する(ディレクトリ内も全て削除) ディレクトリの削除には通常rmdirコマンドを使用します。しかしデ...
LinuxTips(RedHat系)

ファイル内の文字数、行数を確認する

The wc command is used to check the number of characters and lines in a file. To check the number of characters, use "-c" as an option, and to check the number of lines, use "-l". To execute the wc command, specify the name of the file you want to investigate as an argument.
LinuxTips(RedHat系)

ファイルの内容を行番号付きで表示する

To display the contents of a file, use the cat command, but if you run it without options, it will simply display the contents. To display the contents of a file with line numbers, run the cat command with the option '-n'. If you don't want to add line numbers to blank lines in the file, add the option "-b".
LinuxTips(RedHat系)

空ファイル(ゼロバイト)を作成する

To create an empty file, use the touch command, which changes the type stamp of a file, but creates a zero-byte file if the argument is a non-existent file.
LinuxTips(RedHat系)

ファイルを文字列検索する

Use the find command to search for files that exist in your Linux system. find <Directory name> <Option> <File name> Set each argument to a value and perform the search. The directory name is the name of the directory from which the file search will be performed. The find command searches the specified directory and all subdirectories below it.(An error will occur if you search for a directory that cannot be referenced with permissions.) option allows you to specify what files to search. For example, you can search only for directories, or only for files that belong to a certain owner.
LinuxTips(RedHat系)

ファイルをGZIP形式で圧縮、GZIP形式ファイルの解凍

GZIP is the most commonly used compression method for files on Linux. It is usually used to reduce the size of a file by compressing it into a single (archived) file using the tar command.
LinuxTips(RedHat系)

ファイル名に日付等を付ける

ファイル名に日付等を付ける 日付をファイル名に付加するコマンドは「 date 」コマンドを使います。 ●date...
LinuxTips(RedHat系)

特定のファイルを検索して削除する

特定のファイルを検索して削除する findコマンドを利用して、特定の共通点を持つファイルを検索し、削除することができま...
LinuxTips(RedHat系)

Linuxで通常削除処理できないファイルを削除する

Linuxで通常削除処理できないファイルを削除する ファイルを削除するにはrmコマンドを実行します。 しかし、名称が...
LinuxTips(RedHat系)

Linuxで画像のファイル形式を変換する

Linuxで画像のファイル形式を変換する Linuxには、画像形式変換コマンドとして、convertコマンドがあります...
タイトルとURLをコピーしました