「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

Ubuntu22.04 Server : SNORT3インストール

Snort3 インストール

Ubuntu22.04はデフォルトのユニバースリポジトリはsnort2.9となっていますので、ソースコードからSnort3をビルド、コンパイルしてインストールします

事前準備

①ビルドとインストールに必要なビルドツールと依存関係のあるライブラリーをインストール。

②SNORT3のインストール作業ディレクトリー作成

③DAQのダウンロード、インストール

④メモリ使用量の増加時の速度が向上のためgperftoolsインストール

Snort3 ダウンロード、インストール

①Snort3をダウンロードしてインストール

②共有ライブラリを更新

Snort3を構成する

①ネットワークインターフェイスカードを構成

Snortが1518バイトを超える大きなパケットを切り捨てないよう、インターフェイスオフロードを無効にする
現状の確認

GROがonになっているのてこれを無効にする

システムの再起動後も変更が反映するように、systemdサービスを作成して有効にする

snort3-promisc.serviceの内容

②ルールセットを構成
今回はコミュニティールールをセットします
ルールディレクトリを作成

③Snort3コミュニティルールをダウンロードしてルールディレクトリに保存

④構成ファイルを編集

⑤ルールへのパスを更新

⑥SnortOpenAppIDのインストール

⑦ログディレクトリー作成

⑧構成のチェック

⑨ローカルルールを作成

テスト実行
同じネットワーク内の別のPCからサーバーにpingすると、コンソール画面に以下のように表示される
⑩アラートをログに書き込む

ログディレクトリーにalert_fast.txt ファイルが作成される
構成をチェック
再度、同じネットワーク内の別のPCからサーバーにpingすると今度はコンソール画面には何も表示されないが
ログディレクトリを確認すると、 alert_fast.txt ファイルが作成されました
alert_fast.txt ファイルを確認するには
⑪ローカルルールをsnort.luaに含める

バックグラウンドでSnortを実行

①Snortの非ログインシステムユーザーアカウントを作成

②systemdサービスユニットを作成

snort3.serviceの内容

再起動

ログファイルの所有権と権限を設定
③Snortを起動し、システム起動時に実行できるようにする
タイトルとURLをコピーしました