業務用エアコン関連の技術情報、エラーコード、環境問題対策に関する別サイト「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」

Ubuntu Server 18.04でサーバー構築 SSL証明書を取得(Let’s Encrypt)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Let’s Encryptで証明書取得

①mod_sslを有効にする

# a2enmod ssl

②Gitをインストール

# apt-get install -y git

③証明書取得ツールのインストール

# cd /usr/local/

# git clone https://github.com/certbot/certbot

/usr/local/certbot以下に「Certbot」がインストールされました
④証明書のインストール

# certbot certonly –webroot -w /var/www/html/<ドキュメントルート> -d <ドメイン名>

# 初回のみメールアドレスの登録と利用条件への同意が必要

# 受信可能なメールアドレスを指定

Enter email address (used for urgent notices and lost key recovery)

 <メールアドレス>

 <  OK  >           <Cancel>

 # 利用条件に同意する

Please read the Terms of Service at

     https://letsencrypt.org/documents/LE-SA-v1.2-November-15-2017.pdf.

     You must agree in order to register with the ACME server at      

     https://acme-v01.api.letsencrypt.org/directory                   

 <Agree >           <Cancel>

 IMPORTANT NOTES:

 – Congratulations! Your certificate and chain have been saved at

   /etc/letsencrypt/live/<ドメイン名>/fullchain.pem. Your cert will

   expire on 2018-07-27. To obtain a new version of the certificate in

   the future, simply run Let’s Encrypt again.

 – If you like Let’s Encrypt, please consider supporting our work by:

 

   Donating to ISRG / Let’s Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate

   Donating to EFF:                    https://eff.org/don

# [Congratulations] と表示さえれば成功
# メッセージ中に記載の通り [/etc/letsencrypt/live/ <ドメイン名>/] 配下に証明書が取得されている

# cert.pem ⇒ SSLサーバー証明書(公開鍵含む)
# chain.pem ⇒ 中間証明書
# fullchain.pem ⇒ cert.pem と chain.pem が結合されたファイル
# privkey.pem ⇒ 公開鍵に対する秘密鍵

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました