「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

プロセスの状態を表示する

プロセスの状態を表示する

プロセスを表示するには、psコマンドを使用します。
psコマンドを実行すると、/proc以下の情報を基にプロセスの情報を表示します。
psコマンドをオプションなしで実行した場合、コマンドを実行したユーザのプロセス状態が表示されます。

root@Lion:~# ps
  PID TTY          TIME CMD
29939 pts/0    00:00:00 su
29940 pts/0    00:00:00 bash
30035 pts/0    00:00:00 ps
↑ rootの実行中プロセスを表示

root@Lion:~# su –
root@Lion:~# su – nuy                           
nuy@Lion:~$ ps
  PID TTY          TIME CMD
29936 pts/0    00:00:00 bash
30041 pts/0    00:00:00 bash
30044 pts/0    00:00:00 ps                           
↑ nuyユーザーの実行中プロセスを表示

●プロセスの状態を詳細に表示する

プロセスの状態を詳細表示させるにはpsコマンドにオプション「-l」を付けて実行

nuy@Lion:~$ ps -l
F S UID PID PPID C PRI NI ADDR SZ WCHAN TTY TIME CMD
0 S 1000 29936 29935 0 80 0 – 1456 – pts/0 00:00:00 bash
4 S 1000 30041 30040 0 80 0 – 1456 – pts/0 00:00:00 bash
0 R 1000 30046 30041 0 80 0 – 2180 – pts/0 00:00:00 ps 

表示される情報
S:状態
・第1フィールド
R:実行可能
T:停止中かトレース中
D:休眠中で割り込み不可
S:休眠中
Z:ゾンビ(削除されていないが停止中)
UID:実行ユーザのユーザ番号
PID:プロセスごとに自動的に割り当てられる番号
PPID:親プロセスのプロセスID
PRI:プロセスの優先度
NI:プロセスのナイス値
SZ:仮想メモリイメージのサイズ
RSS:使用中の物理メモリ量
WCHAN:プロセス休眠時のカーネル関数
PAGEIN:主要なページフォルト数
TRS:常駐テキスト量
TTY:プロセスを実行している制御端末
TIME:CPU消費時間
CMD:実行コマンド

タイトルとURLをコピーしました