「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

RockyLinux 9 ; インストール後の各種設定

1.SELinuxの無効化

まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。
SELinuxの動作モード
Enforcing : SELinux機能は有効でアクセス制御も有効
Permissive : SElinuxはwarningを出すが、アクセス制限は行われません
disabled : SElinux機能・アクセス制御ともに無効

①現在のSELinuxの状態

②[permissive]モードへの切り替え
③[enforcing]モードへの切り替え
④SELinux を完全に無効化する場合は、以下のようにカーネルコマンドラインに selinux=0 を追加して再起動が必要です。

※ SELinux 有効に戻す場合は以下 (変更後は再起動)

2.システムの最新化

OSインストール直後にはできるだけ早期にパッケージのアップデートを行います。
しかし、dnf updateを行うと、カーネルアップデートも同時に行われます。
カーネルアップデートを行うと、システムの再起動やサービスの停止が必要だったり、最悪カーネルパニックが発生して、システムが起動しない場合があります。カーネルを除外してアップデートする方が賢明です。
dnf -y updateの後ろに「--exclude=kernel*」を指定して実行することでカーネルをアップデート対象から除外することできます。

3.セキュリティ対策のため停止するサービス

4.リポジトリーの追加

4.1 EPEL repository を追加

4.2 Remi's RPM repository を追加

5.ネットワークの設定

5.1 ネットワークデバイス名の確認

ネットワークデバイス名は「ens160」と分かります

5.2 ホスト名の変更

試しにホスト名をLepardに変更します

5.3 固定IPv4アドレス設定

5.1よりネットワークインターフェースの名称は「ens160」である
Rockylinux8ではnetwork-scriptsにあったifcfg-xxxファイルを書き換えて変更できましたが、Rockylinux9では
ディレクトリーの中身は空でありこの方法は使えませんので、「nmcli」コマンドで変更します。
固定IPv4アドレスを「192.168.11.83」に変更します。

「nmcli」コマンドで変更

5.Vimの設定

①Vimのインストール

②Vimの適用と反映
③ユーザー固有環境として Vim の設定

タイトルとURLをコピーしました