「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

MiracleLinux ; 初期設定

1. SELinux の無効化

まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。ウェブサイトを見ながらサーバー構築を行って、思った通りに動作しない場合は、このselinuxが有効化されていることが原因だったりします。その為、インストール後に忘れずに無効化します。
次のようにすると無効化ができます。
一般ユーザーでログイン後、ルートユーザーに権限変更の方法は既知のこととして進めます。

このままでは、サーバーを再起動すればseinuxは有効に戻りますので、永久にselinuxを無効にするには/etc/sysconfig/selinuxファイルを修正します。

2. システム最新化とセキュリティ対策のため停止したサービス

2.1 システム最新化

2.2 セキュリティ対策のため停止したサービス
サービス名 機 能
atd    # 単発的にスケジュール化した コマンド を実行させるデーモンです
auditd  # 監査メッセージのログファイルを出力するデーモン
kdump  # システムがクラッシュした時、原因を特定するためのdumpファイルを保存してくれるサービス
lvm2-monitor  # 論理ボリュームマネージャー(LVM) 利用時の障害監視のためのデーモン
mdmonitor  # ソフトウェアRAID 監視サービ
rngd   # ハードウェア を元に乱数を発生させるためのデーモンです
smartd  # ハードディクスのS.M.A.R.T.による自己診断機能情報を取得する
tuned   # CPUガバナーを利用して強制的にCPUを最大パフォーマンスで動作させる

3. リポジトリーの追加

3.1 PowerTools / HighAvailability
MIRACLE LINUX 8.4 で新たに提供を開始したリポジトリです。
利用方法
PowerTools と HighAvailability は、miraclelinux-repos をアップデートしリポジトリを有効化することで利用できます。
まずは、miraclelinux-repos を 8.4-3.el8 以降にアップデートします。アップデート後は、/etc/yum.repos.dに以下のリポジトリファイルが追加されます。
miraclelinux-powertools.repo
miraclelinux-highavailability.repo

① PowerTools は、以下のようにリポジトリを有効化することで利用が可能

※ PowerTools で提供される istack-commons をインストールする場合、事前に手動で javapackages-tools モジュールを有効化が必要があります。
istack-commons は「MIRACLE LINUX PowerTools」グループのインストールにも必要なパッケージなため、PowerTools リポジトリの有効化後に、javapackages-tools モジュールも併せて有効化します。

② HighAvailability は、以下のようにリポジトリを有効化することで利用が可能

3.2 EPEL
EPEL では RHEL 8 向けにリポジトリ追加用のパッケージが提供されているため、MIRACLE LINUX 8.4 の場合でもパッケージをインストールするのみで利用が可能です
インストール後は、/etc/yum.repos.d に以下のリポジトリファイルが追加され、利用可能な状態となります。
epel.repo
epel-modular.repo
epel-playground.repo
epel-testing-modular.repo
epel-testing.repo
3.3 Remi
このリポジトリの特徴は、最新のものを含めた複数のバージョンの PHP パッケージを提供しているという点です。例として以下のようなパッケージが提供されています。
php5.6 php7.0 php7.1 php7.2 php7.3 php7.4 php8.0 php8.1
Remi では RHEL 8 向けにリポジトリ追加用のパッケージが提供されているため、MIRACLE LINUX 8.4 の場合でもパッケージをインストールするのみで利用が可能
インストール後は、/etc/yum.repos.d に以下のリポジトリファイルが追加され、利用可能な状態となります。
remi.repo
remi-modular.repo
remi-safe.repo

4. Vimの設定

①Vim をインストール
# 変更を反映
②Vim の設定
タイトルとURLをコピーしました