「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「業務用エアコンエラーコード」はこちら

RPMパッケージをインストールする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

RPMパッケージをインストールする

rpmパッケージをインストールするには、rpmコマンドにオプション「-i」を付けてコマンドを実行します。
また一般的に「-i」オプションと同時に使用されるサブオプションにはパッケージ名を表示する「-v」オプション、インストールの進行状況を50個のハッシュ(#)で表示する「-h」オプションがあります。

このrpmは必ずしもroot権限を必要としませんが、インストールの過程でroot権限を必要とする処理がある場合、エラーが表示されるので注意が必要。

[root@Lion ~]# rpm -ivh krb5-devel-1.6.1-36.el5.i386.rpm  ←rpmパッケージをインストール
警告: krb5-devel-1.6.1-36.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID e8562897
準備中… ########################################### [100%]
1:krb5-devel ########################################### [100%] <以下略>

※上記のRPM実行例で表示されている「警告(warning)」についてrpmコマンドを実行した際、上記の実行例のように「警告」、またはwarningが表示される場合があります。これはrpm4.1以降採用されたGPG署名のチェックが行われていない事を意味します。
このメッセージが表示されても、インストールやアップグレードに影響することはありませんが、警告メッセージを表示させないようにするには「RPM-GPG-KEY」ファイルを下記実行例のようにインポートする必要があります。

[root@Lion ~]# rpm –import RPM-GPG-KEY

CentOS7.6の場合
[root@Lion ~]# rpm –import http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-7

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました