w コマンド

LINUX よく使うサーバー管理コマンド

w コマンド ログイン中のユーザー情報を表示
書式
w   [オプション]
w コマンドはwho コマンドと同じくログイン中のユーザー情報を表示しますが、who コマンドより
詳しい情報を表示します。
表示する情報はwho コマンド表示する項目に加えて、下記の内容を表示します。
・システム情報(稼動時間、ログインユーザ数、負荷)
・IDEL 時間(操作していない時間)
・JCPU (その端末がCPU を使用した時間)
・PCPU (WHAT に表示されているプロセスがCPU を使用した時間)
・WHAT (ユーザーが実行中のプロセス)
よく使うオプション
-h     ヘッダーを非表示にします
-s    短く表示します。ログイン時刻、JCPU、PCPUを表示しません
-f    FROM(リモートホスト名)を非表示にします(ディストリビューションによる)
使用例・・・オプションなし
$ w
12:25:45  up 7 days, 21:47, 2 users, load average: 0.00, 0.01, 0.05
USER        TTY     FROM                      LOGIN@    IDLE      JCPU    PCPU   WHAT
root          pts/0   xxxyyyzzz.abcdefg     11:54      18:41     0.04s   0.04s  -bash
koro         pts/1    xxxyyyzzz.abcdefg     12:08      1.00s     0.08s   0.00s  w
使用例・・・ユーザー名を指定してコマンドを実行
$ w  koro
12:25:45  up 7 days, 21:47, 2 users, load average: 0.00, 0.01, 0.05
USER        TTY     FROM                      LOGIN@    IDLE      JCPU    PCPU   WHAT
koro         pts/1    xxxyyyzzz.abcdefg     12:08      1.00s     0.08s   0.00s  w
使用例・・・ヘッダーを非表示
$ w  -h
USER        TTY     FROM                      LOGIN@    IDLE      JCPU    PCPU   WHAT
root          pts/0   xxxyyyzzz.abcdefg     11:54      18:41     0.04s   0.04s  -bash
koro         pts/1    xxxyyyzzz.abcdefg     12:08      1.00s     0.08s   0.00s  w
タイトルとURLをコピーしました