source コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

source コマンド シェルの設定ファイルを反映させる
書式
source  設定ファイル名
sourceコマンドは、ファイルに書かれたコマンドを現在のシェルで実行する、というコマンドです。
主にシェルの設定ファイルをログアウトまたは、ログインさせずに即座に反映させる際に使用します。
よく使うオプション
sourceコマンドにはオプションがありません。
使用例・・・ファイルの詳細を表示する
$ su -  ← スーパーユーザーrootになる
Password:  rootパスワード入力
#  source ~/.bashrc  ← bashの環境設定ファイル~/.bashrcの内容を反映させる
bash 設定ファイルは、ユーザーのホームディレクトリにドットファイルとして存在します。

.bashrc bash 起動の度に設定を読み込む
.bash_profile ログイン時に設定を読み込もむ
.bash_logout ログアウト時に設定を読み込む「bash ファイル」などの場合は、現在のシェルとは別のプロセスとしてファイルを実行します。catコマンドやlsコマンドなど、ファイルに書かれているコマンド行を実行するだけなら、処理結果は同じになります。しかし、シェル変数や環境変数の扱い方が変わります。

シェル変数は現在実行中のシェルでのみ有効な変数。環境変数は実行されたプログラム(子プロセス)に引き継がれる変数。どちらもシェルで利用可能だ。exportコマンドを使うと、シェル変数を環境変数に変換できる。

タイトルとURLをコピーしました