ifconfig コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

ifconfig コマンド ネットワークインターフェイスの動作状況を確認する
文法
ifconfig  インターフェース    [オプション]
ifconfg コマンドは、ネットワークインターフェースの情報を表示したり、設定するコマンドです。
ifconfg コマンドの引数にネットワークインターフェースを指定して実行すると、そのネットワーク
インターフェースに現在設定されているに内容を表示します。
引数にネットワークインターフェースと、オプションを指定すると、ネットワークインターフェースの
設定を変更できます。但し、設定を変更できるのは、スーパーユーザー(root)のみになります。
よく使うオプション
IP アドレス     ネットワークインターフェースのIP アドレスの設定をする
down             ネットワークインターフェースを使用不可にする
up                 ネットワークインターフェースを使用可能にする
netmask   ネットマスクアドレス          ネットワークインターフェースのネットマスクを設定する
broadcast ブロードキャストアドレス     ネットワークインターフェースのブロードキャストアドレスを
設定する
使用例・・・ネットワークインターフェイス情報を表示する
$ ifconfig
eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500

inet 192.168.11.52 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.11.255
inet6 fe80::ec4:7aff:fe05:a326 prefixlen 64 scopeid 0x20<link>

ether 0c:c4:7a:05:a3:26 txqueuelen 1000 (Ethernet)
RX packets 6364988 bytes 979848077 (934.4 MiB)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 16732822 bytes 23431364693 (21.8 GiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0
device interrupt 20 memory 0xf6200000-f6220000lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING> mtu 65536
inet 127.0.0.1 netmask 255.0.0.0
inet6 ::1 prefixlen 128 scopeid 0x10<host>
loop txqueuelen 1000 (Local Loopback)
RX packets 1239 bytes 3526991 (3.3 MiB)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 1239 bytes 3526991 (3.3 MiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0
使用例・・・ネットワークインターフェースを指定して情報を表示する
$ ifconfig eth0  ← eth0 を指定して実行
eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500

inet 192.168.11.52 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.11.255
inet6 fe80::ec4:7aff:fe05:a326 prefixlen 64 scopeid 0x20<link>
ether 0c:c4:7a:05:a3:26 txqueuelen 1000 (Ethernet)
RX packets 6377512 bytes 981145556 (935.6 MiB)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 16750749 bytes 23454621731 (21.8 GiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0
device interrupt 20 memory 0xf6200000-f6220000
2019

タイトルとURLをコピーしました