groupadd コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

groupadd コマンド グループを追加する
文法
groupadd   [オプション]   [グループ名]
groupadd コマンドは、新規にグループを追加する際に使用します。通常、新規にユーザーを追加した際、
ユーザー名と同じ名前でグループも作成されます。
グループ情報は/etc/group ファイルに格納されています。コマンドを実行する際は、引数として追加する
グループ名を指定します。
よく使うオプション
-g  グループID   グループID を指定してグループを作成する
使用例・・・グループを追加する
$ su –  ←  su コマンドでroot になる
Password:  rootパスワード入力
# groupadd centos ←「centos」グループを作成

# grep centos /etc/group   ←  グループを確認
centos:x:511: ←グループID が「511」で「centos」グループが作成されている
使用例・・・グループID を指定してグループを新規作成する
$ su –  ←  su コマンドでroot になる
Password:  rootパスワード入力
# groupadd -g 800 centos ← グループID を「800」に指定して、「centos」グループを作成

# grep centos /etc/group   ←  グループを確認
centos:x:800: ←グループID が「800」で「centos」グループが作成されている
タイトルとURLをコピーしました