dstat コマンド

LINUX よく使うサーバー管理コマンド

dstat コマンド サーバリソースをリアルタイム監視
書式
dstat   (オプション)
dstatとは簡単に説明するとCPU負荷をコアごと、IO負荷をディスクごと、ネットワーク転送量を
インターフェイスごとに表示できるコマンド。
topやiostat,netstatを使って監視しているリソースがコマンド一つで監視できます。
よく使うオプション
-t      時間を表示
-c      CPU使用時間の割合を表示
-m    メモリの状態を表示
–vm  バーチャルメモリの利用状態を表示
-s      スワップの利用状態を表示
-g      ページの入出力数を表示
-d      ディスクの状態を表示
-r       ディスクへの読み書きリクエスト数(IOPS)
-i       割り込み処理の状態を表示
-l       ロードアベレージの状態を表示
-p      プロセスの状態を表示
-y       システム状態を表示
–lock  ファイルロックの状態を表示
-n       ネットワーク状態を表示
–ipc    プロセス間通信の状態を表示
–unix  UNIXドメインソケットの状態を表示
–tcp    TCP通信のバイト数を表示
–udp   UDP通信のバイト数を表示
–float   小数点も含めて表示する
–noheaders   ヘッダ表示を一回だけにします
使用例・・・ネットワークやディスク状態いろいろ
# dstat  -Tclmdrn

--epoch--- --total-cpu-usage-- ---load-avg--- ------memory-usage----- -dsk/total- --io/total- -net/total-
  epoch   |usr sys idl wai stl| 1m   5m  15m | used  free  buff  cach| read writ| read writ| recv  send
1548760630|  2   3  93   3   0|0.92 1.91 2.14|1613M 71.1M 13.4M  180M|1178k  415k|97.8  46.6 |   0     0
1548760631|  2   7  86   5   0|0.92 1.91 2.14|1613M 69.4M 13.7M  182M|2304k  140k| 313  22.0 |   0     0
1548760632|  5   4  90   1   0|0.92 1.91 2.14|1613M 69.3M 13.7M  182M|  20k   64k|5.00  11.0 |2628B 1490
使用例・・・CPUとメモリ関連を表示する
# dstat  -Tclm

--epoch--- --total-cpu-usage-- ---load-avg--- ------memory-usage-----
  epoch   |usr sys idl wai stl| 1m   5m  15m | used  free  buff  cach
1548760014|  2   3  93   3   0|0.95 2.01 2.11|1618M 61.9M 12.3M  181M
1548760015|  3  13  82   2   0|0.95 2.01 2.11|1616M 81.6M 12.0M  167M
使用例・・・CPUの使用率をコアごとに見る
# dstat  -c -C 0,1,total

-----cpu0-usage----------cpu1-usage-------total-cpu-usage--
usr sys idl wai stl:usr sys idl wai stl:usr sys idl wai stl
  1   3  93   3   0:  2   3  92   3   0:  2   3  93   3   0
 10  30   3  56   0: 20  25   0  56   0: 15  27   2  56   0
使用例・・・実行結果ログをファイルへ出力する
# dstat  –output dstat.csv 
タイトルとURLをコピーしました