dmesg コマンド

LINUX よく使うサーバー管理コマンド

dmesg コマンド 起動時のシステムメッセージを表示
書式
dmesg   [オプション]
dmesg コマンドは、起動時のシステムメッセージを表示します。
カーネルがメッセージを保存する場所である「メッセージバッファー」はサイズが決まっており、
バッファーサイズを超えたら先頭から上書きされる、という“リング構造”になっています。
dmesgコマンドはこのメッセージバッファーを表示するため、全てのメッセージ内容を表示できる
わけではありません。
よく使うオプション
オプション意味
-l リスト表示レベルを指定する。表示レベルは「emerg(高)」「alert」「crit」「err」「warn」「notice」「info」「debug(低)」から選択。複数指定する場合は「,」で区切る
-f リスト表示対象を指定する。対象は「kern(カーネルメッセージ)」「user」「mail」「daemon」「auth」「syslog」「lpr(プリンタ)」「news」から選択。複数指定する場合は「,」で区切る
-kカーネルメッセージを表示する(「-f kern」相当)
-uユーザー空間のメッセージを表示する(「-f user」相当)
-x表示レベル(level)と表示対象(facility)を表示する
-d直前のメッセージからの経過時間を表示する
-eメッセージの表示時刻とメッセージ間の経過時間(「-d」」で表示)を読みやすいフォーマットで表示する
-Tメッセージが出力された時刻で表示する(サスペンド/レジュームを使用した場合は不正確になるので注意)
-t時間を表示しない
-H読みやすいスタイルで表示する
-rメッセージを加工せずに表示する
-L色付きで表示する
-w新しいメッセージがカーネルから出力されるのを待つ([Ctrl]+「C」キーで終了)
-F ファイルバッファーの代わりに指定したファイルを表示する
-Ssyslogを使って表示する
-Cバッファーをクリアする(rootユーザーのみ使用可)
-cリングバッファーを出力してクリアする(rootユーザーのみ使用可)
-Dコンソールへの出力を無効にする(rootユーザーのみ使用可)
-Eコンソールへの出力を有効にする(rootユーザーのみ使用可)
-n レベルコンソールに表示するレベルを指定する(rootユーザーのみ使用可)
使用例・・・オプションなしでdmesgコマンドを実行
$ dmesg
[ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset
[ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[ 0.000000] Linux version 3.2.0-4-amd64 (debian-kernel@lists.debian.org) (gcc version 4.6.3 (Debi an 4.6.3-14) ) #1 SMP Debian 3.2.51-1
[ 0.000000] Command line: BOOT_IMAGE=/boot/vmlinuz-3.2.0-4-amd64 root=UUID= ro quiet console=tty0 console=ttyS0
[ 0.000000] Disabled fast string operations
[ 0.000000] BIOS-provided physical RAM map:
[ 0.000000] BIOS-e820: 0000000000000000 – 000000000009dc00 (usable)
[ 0.000000] BIOS-e820: 000000000009dc00 – 00000000000a0000 (reserved)
[ 0.000000] BIOS-e820: 00000000000f0000 – 0000000000100000 (reserved)
[ 0.000000] BIOS-e820: 0000000000100000 – 000000003fffd000 (usable)
… 略 …
タイトルとURLをコピーしました