df コマンド

LINUX よく使うサーバー管理コマンド

df コマンド ディスクの空き領域(freeスペース)のサイズを集計して表示
書式
df    [オプション]   [ファイル]
df コマンドはファイルシステムと呼ばれるハードディスクのパーティションごとの総容量、使用容量、
空き容量、使用率などのディスク情報を表示します。

また、df コマンドの引数にファイルシステムのデバイスファイル名(/dev 配下のファイル)を指定すると、
そのファイルシステムについての情報のみが表示されます。
よく使うオプション
-h       サイズに応じて読みやすい単位で表示する
-H       読みやすい単位で表示する。ただし、1024単位ではなく、1000単位の値を使用する
-B サイズ  指定したサイズの倍数で表示する。サイズは数値または単位で指定する
-k              キロバイト単位で容量を表示する
-m             メガバイト単位で容量を表示する
-i                ブロック使用量の代わりにiノード情報を表示する
使用例・・・ディスク容量を表示する
$ df

Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/sda1            102175132   3491340  93493616   4% /
tmpfs                   960376         0    960376   0% /dev/shm
tmpfs                   960376         0    960376   0% /var/cache/nginx
使用例・・・容量を適切な単位で表示する
$ df -h

Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/sda1              98G  3.4G   90G   4% /
tmpfs                 938M     0  938M   0% /dev/shm
tmpfs                 938M     0  938M   0% /var/cache/nginx
使用例・・・容量を読みやすい単位で表示する
$ df -H

Filesystem    Size   Used  Avail Capacity  Mounted on
/dev/ad0s1a    38G    17G    19G    47%    /
devfs         1.0K   1.0K     0B   100%    /dev
procfs        4.1K   4.1K     0B   100%    /proc
linprocfs     4.1K   4.1K     0B   100%    /usr/compat/linux/proc
タイトルとURLをコピーしました