chown コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

chown コマンド ファイルの所有者を変更する
文法
chown   [オプション]   ユーザー  [:グループ]  ファイル名
chown コマンドは、ファイルの所有者を指定したユーザーに変更するコマンドです。
また、ユーザー名に続けて、「:グループ」を指定すると、所有者と同時にグループ名も変更できます。
ユーザー、グループは、それぞれ名前または、ID で指定することができます。
ファイルの所有者は、そのファイルを作成した時のユーザーになります。
よく使うオプション
-R   指定されたディレクトリ以下の全ファイルの所有者を変更する
-f   所有者を変更できなかった場合、エラーメッセージを表示しない
使用例・・・ファイルの所有者を変更する
$  su –      ←  rootになる
passwd    rootパスワード入力
#  chown root:root /tmp/temp  ←  所有者とグループをroot に変更します。
#  ls -l  /tmp/temp

-rw-rw-r– 1  root root 0 1 月27 02:48  /tmp/temp  ←  所有者とグループがroot になる。
使用例・・・ディレクトリ以下のファイルの所有者を変更する
#  chown -R root:root  /tmp   /tmp ディレクトリ以下のファイルの所有者、グループをroot に変更
#  ls -l  /tmp
total 16
-rw-rw-r– 1 root root 0 1 月01 01:01 temp1.dat
-rw-rw-r– 1 root root 0 1 月01 01:01 temp2.dat
-rw-rw-r– 1 root root 0 1 月01 01:01 temp3.dat
↑/tmp ディレクトリ内のファイルの所有者、グループがroot に変更されます。
タイトルとURLをコピーしました