chkconfig コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

chkconfig コマンド サービスの登録、削除、サービスの起動を制御する
文法
chkconfig   [オプション]  サービス名
chkconfig コマンドは、Linux がシステム起動時に起動するサービスを一覧表示したり、サービスの登録、
削除、サービスの起動をランレベル毎に細かく制御するコマンドです。
また、chkconfig コマンドを実行するにはスーパーユーザー(root)権限が必要になります。
よく使うオプション
–list   サービスを一覧表示します。
–add  サービスを登録します。
–del   サービスを削除します。
-h       chkconfig コマンドのヘルプを表示します。
-v       chkconfig コマンドのバージョンの表示をします。
–level [ランレベル]   サービス名       ランレベル毎にサービスのon/off を設定します。
使用例・・・サービスを一覧表示する
# chkconfig –-list  サービス一覧を表示
NetworkManager 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
abrt-ccpp 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
abrt-oops 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off ・・・
使用例・・・サービスを登録する
# chkconfig –add proftpd
使用例・・・サービスを削除する
# chkconfig –del proftpd
使用例・・・ランレベル毎にサービスのon/off を設定する
# chkconfig –level 2345 netfs off
# chkconfig –level 2345 netfs on
タイトルとURLをコピーしました