chgrp コマンド

LINUX よく使う基本コマンド

chgrp コマンド ファイルのグループを変更する
文法
chgrp  [グループ]   ファイル名
chgrp コマンドは、ファイルのグループを指定されたグループに変更します。
グループは、名前で指定することもID で指定することもでき、ファイルはそのファイルを作成した
ユーザーが所属しているグループに自動的に所属します。
chgrp コマンドは、一般ユーザーでも実行できますが、一般ユーザーが変更できるのは、そのファイルの
所有者がユーザー自身の時のみになります。また、グループとして指定できるのは、そのユーザーが所属
しているグループに限られます。
ユーザーは複数のグループに所属できるので、所属している別のグループに作成したファイルを所属させ
る時に、chgrp コマンドを使用します。スーパーユーザー(root)でchgrp コマンドを実行する場合は、
どのユーザーが所有するファイルも扱うことができ、どのグループにも変更することができます。
よく使うオプション
-R   ディレクトリとその中のファイルの所属グループを変更する
-f   所属グループを変更できなかったファイルがある場合エラーメッセージを表示しない
使用例・・・ファイルのグループを変更する
$ su –   ← root になります
passwd  rootパスワード入力
#  chgrp  root /tmp/temp.txt    ←  ファイル「temp.txt」の所属グループをroot にします。
#  ls  -l  /tmp/temp.txt
-rw-rw-r– 1 koro root 0 1 月01 01:01 temp.txt  ←  所属グループがroot になります。
タイトルとURLをコピーしました