「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

2022-05

Ubuntu22.04

Ubuntu22.04 Server : Let's Encrypt , Apache SSL化

1. 証明書を取得する (Let's Encrypt) 1.1 事前準備 ①mod_sslを有効にする # a2enmod ssl ②Let's Encrypt証明書を取得するためのクライアントツールをインストール # apt -y install certbot ③Let's Encrypt証明書の取得 Apache httpd や Nginx などの Webサーバーが稼働していることが前提となります。 作業を実施するサーバーで Webサーバーが稼働していない場合は ④の手順を実行。 また、インターネット側から、作業を実施するサーバー (証明書を取得したい FQDN のサーバー) の 80 ポート宛てにアクセス可能であることも前提です。
Debian11.3でサーバー構築

Debian11.3 : Let's Encrypt WEB , MailサーバーSSL化

1. 証明書を取得する (Let's Encrypt) 1.1 事前準備 ①mod_sslを有効にする # a2enmod ssl ②Let's Encrypt証明書を取得するためのクライアントツールをインストール # apt -y install certbot 2. Apache2にSSL/TLS(Let's Encrypt) の設定 ①Apache2のSSL関連設定ファイルの編集 # cd /etc/apache2/sites-available/ # cp default-ssl.conf hoge.com-ssl.conf ← hoge.com-sslは任意の名称でよい # vi hoge.com-ssl.conf 3. Mail サーバーににSSL/TLS(Let's Encrypt) の設定 3.1 メールサーバー用証明書の取得 メールサーバー用の証明書を取得するが上記と同様の方法では取得できないので「--standalone」オプションをつけて下記のようにしても失敗する。 # certbot certonly --standalone -d mail.
fedora

Fedora35 : 初期設定

1. SELinux の無効化 まず、selinuxを無効化します。selinuxはLinuxの監査やセキュリティを向上させる機能ですが、有効になっているとサービスの動作や、設定内容にかなりの制限が出てきます。そのため、基本的には無効にする場合が多いのが実情です。ウェブサイトを見ながらサーバー構築を行って、思った通りに動作しない場合は、このselinuxが有効化されていることが原因だったりします。その為、インストール後に忘れずに無効化します。 次のようにすると無効化ができます。 一般ユーザーでログイン後、ルートユーザーに権限変更の方法は既知のこととして進めます。
fedora

Fedora35 : SSH , Firewall

1.SSHによるリモート接続の設定 SSHはサーバーへリモートで接続するためのサービスで、基本的にはOSインストール直後に動作していますが、デフォルトの設定ではややセキュリティに難があります。 ここではデフォルトの設定を変更してssh接続のセキュリティを高める設定を行います。 1.1 SSHサービスの設定ファイル変更 SSHサービスの設定を変更するために設定ファイルを変更します。 SSHサービスの設定ファイルは"/etc/ssh/sshd_config"になります。設定ファイルをviエディターで開きます。(viエディタの使い方はネットに情報がたくさんありますので調べて下さい)
fedora

Fedora35 : SSHの公開鍵暗号方式

SSH の公開鍵暗号方式設定 Windowsに SSH 秘密鍵、サーバーに SSH 公開鍵を作成し、鍵ペアによる認証でログインできるようにする。 1.ECDSA でキーペアを作成 一般ユーザーになり、ECDSA でキーペアを作成します
fedora

Fedora35 : FTPサーバー(Vsftpd)

FTPサーバ インストール 1. vsftpdインストール # dnf -y install vsftpd 2.vsftpd の設定 編集前の vsftpd.conf を .bak を付けて保存 # cp /etc/vsftpd/vsftpd.conf /home/huong/vsftpd.conf.bak ①設定ファイルの編集 # vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
fedora

Fedora35 : WEBサーバー

Apache2のインストールとバーチャルホスト設定 1.Apache2インストール ①httpdをインストール # dnf -y install httpd バージョン確認 # httpd -v
fedora

Fedora35 : ウイルス対策 、Mailサーバー

clamav ( アンチウィルスソフト )のインストール 1.Clam AntiVirusインストール # dnf -y install clamav clamd clamav-update 2.Clam AntiVirus設定ファイル編集
fedora

Fedora35 : SNORT , Tripwire , Chkrootkit

SNORT インストール 1.事前準備 ①CodeReady Red Hat リポジトリを追加し、必要なソフトウェアをインストールする # dnf -y install bison flex libpcap-devel pcre-devel openssl-devel libdnet-devel libtirpc-devel libtool nghttp2 libnghttp2-devel
fedora

Fedora35 : MySQL 8 . WordPress インストール

Mysql8 インストール #dnf module -y install mysql:8.0 #vi /etc/my.cnf.d/charset.cnf charset.cnf 下記の内容で新規作成 # デフォルトの文字コードを設定 # 絵文字等 4 バイト長の文字を扱う場合は [utf8mb4] [mysqld] character-set-server = utf8mb4 [client] default-character-set = utf8mb4
fedora

Fedora35 ; Let’s Encryptで証明書取得 , Apache Mail SSL化

SSL証明書を取得する (Let's Encrypt) 最新のopen sslをインストールしておく # dnf install openssl-devel 1.証明書のインストール # dnf -y install certbot # certbot certonly --webroot -w /var/www/html/[ドメイン名] -d [ドメイン名]
fedora

Fedora35 : Logwatch , DiCEのインストール

Logwatch 導入 ①インストール # dnf install logwatch ②設定ファイルの編集 # cat /usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.conf >> /etc/logwatch/conf/logwatch.conf # vi /etc/logwatch/conf/logwatch.conf ●53 行目あたり
fedora

Fedora35 : システムのバックアップ & リストア

Web構成ファイル(html配下)バックアップ ①html配下バックアップスクリプトファイルの作成 # cd /var/www/system/ # vi html_backup.sh html_backup.shの内容 #!/bin/bash #日付処理関連(10日分保存) TODAY=`/bin/date +%Y%m%d`
Ubuntu22.04

Ubuntu Server 22.04 : 初期設定

1. rootパスワードを設定し、SUコマンドを利用 Ubuntu のデフォルト設定では root ユーザーはパスワードが設定されていないため利用不可となっています。 root ユーザーにパスワードを設定することで、従来の [su] コマンドによる遷移が可能となる。 $ sudo passwd root [sudo] password for ← 現在のユーザのパスワード Enter new UNIX password: ← 設定するパスワードを入力
Ubuntu22.04

Ubuntu Server 22.04 : SSH , Firewall設定

1. SSHサービスのセキュリティ設定 SSHサービスはデフォルトでrootユーザーのログインを許可しています。rootユーザーはユーザー名が既に判明しているためパスワードが判明すると、管理者権限でサーバーへログイン出来るため、これを拒否する設定を行います 1.1 一般ユーザーの作成 Ubuntu 22のインストール時に一般ユーザーを作成している場合は、本手順は不要です。 サー バーに作成されているユーザーがrootのみの場合、SSHによるリモートログインが出来なくなりますので、OSのインストール時にユーザーを作成していない場合、事前にユーザーを作成する必要があります。OSのインストール時にユーザーを作成している場合は、本手順は不要です。 ユーザーの作成は"useradd"コマンドで行います。"-m"オプションでホームディレクトリの作成、"-p"オプションでパスワードを指定します。 例えばユーザーアカウント名として「ubuntuuser」、パスワードとして「123456」を設定する場合は、以下のように実行します。
タイトルとURLをコピーしました