「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「業務用エアコンエラーコード」はこちら

MixHost(ミックスホスト) 

MixHost(ミックスホスト)

初期費用月額費用SSD容量
無料968円~3,949円250GB~550GB
無料期間メールアカウントサポート
10日間無制限メール

初期費用無料!パワフルで高速なピュアSSDクラウド型レンタルサーバー

MixHost(ミックスホスト)は初期費用無料で、月額968円~から使えるレンタルサーバーサービス。
初心者向け共用サーバーとして運営していますが、個人利用は勿論、法人(ビジネス)での利用にも幅広く活用できるレンタルサーバーとして利用者からの評判も高いようです。

特に評判高いのが『速さ』で、MixHostの利用者の多くが速度の速さを重宝している方が多いようです。
その理由は、一般向けレンタルサーバーのサービスでは珍しい高速webサーバー、LiteSpeedを採用しているからです。
全てのプランでSSDを採用し、最新のハイスペックサーバーの利用が可能となっています。

後で紹介しますが、そのほかにも利用者が嬉しい機能・性能が備わっていてまさにクラウドとレンタルサーバーのいいとこ取りなサービスになっています。

MixHost ← 公式ホームページ

MixHost(ミックスホスト)のサービス概要

MixHostは共用サーバーでありながら、クラウドサーバーの特徴を活かしたサービスです。
安定した環境で利用可能なうえ、リソースを制御でき、CPUやメモリなど利用者(ユーザー)ごとにリソースを割り当てて使えるサーバーです。

バックボーンは日本国内最大級の10Gbpsと高速接続され、一般向けレンタルサーバーでは珍しい、LiteSpeedを採用しています。

LiteSpeed Web Server(LiteSpeed)とは、Apache、Microsoft、Nginxなどの有名サービスに次ぐアメリカ初のWEBサーバーソフトウェアのことです。
最近特に成長が期待されているサービスで、Apacheと互換性を確保した高性能サーバーとして安定感はそのままに、性能UPした内容で、Apacheでの設定をそのまま利用できる特徴があります。

今まではApacheなどのサービスを導入しているレンタルサーバーが主でしたが、最近ではLiteSpeedに移行しているところも増えてきています。
Apacheからの移行も簡単で、「.htaccess」を利用することも出来ます。
今後も国内レンタルサーバーがLiteSpeedに移行していくサービスが増えていくのではないかと注目されているソフトウェアなのです。

MixHost(ミックスホスト)の各プラン内容と料金

MixHostでは主に4つのプランがあります。
一番オススメなのは「スタンダード」プランですが、全プランでピュアSSD、LiteSpeedの高速サーバーを採用しています。
webサイトの運用規模によって、自由にプラン変更が可能なので、自分に合ったプランを選んでいきましょう。

機能スタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ解説
初期費用無料無料無料無料無料初回契約時にお支払いいただく費用です。
月額費用968円~1,958円~
979円~
3,938円~
1,969円~
7,898円~
3,949円~
15,818円~
7,909円~
クラウドレンタルサーバーの月々のご利用料金です。
※【キャンペーン開催中】プレミアム以上で初回お支払い金額半額&12ヵ月以上のご契約で対象ドメイン永久無料!
商用利用ECサイトの運営なども行っていただけます。
再販アカウント領域を第三者に貸し出す事が可能です。
30日間返金保証万が一サービスにご満足いただけなかった場合、ご契約後30日間はご返金いたします。
機能スタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ解説
ディスク容量SSD 250GBSSD 350GBSSD 450GBSSD 550GBSSD 650GBウェブ、メール、データベースを合わせたご利用いただける容量です。ピュアSSDを使用した高速ストレージを採用しています。
割り当てCPU仮想4コア仮想6コア仮想8コア仮想10コア仮想12コアお客様のアカウント毎に割り当てられた、最大でご利用いただける仮想CPUのコア数になります。コア数が多いほど、より高速に、多くのアクセスを処理できます。
割り当てメモリ4GB8GB12GB16GB32GBお客様のアカウント毎に割り当てられた、最大でご利用いただけるメモリになります。多いほど多くの同時アクセスを処理できます。
ホストサーバーCPUXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッドXeon 36コア72スレッドお客様のアカウントが収容されるホストサーバーのCPUです。最新の高性能CPUを採用しております。
ホストサーバーメモリ256GB256GB256GB256GB256GBお客様のアカウントが収容されるホストサーバーのメモリです。大容量のメモリを搭載することにより安定したサービスをご提供いたします。
転送量目安18TB/月24TB/月30TB/月36TB/月42TB/月快適にご利用いただける転送量の目安となります。超過しても自動課金されることや、直ちにアクセスできなくなることはありません。また、1日単位での目安ではなく、1ヶ月単位の目安となります。
メール送信制限(1時間)1,500通2,000通2,500通3,000通3,500通1時間辺りで送信できるメールの数です。
メール送信制限(1日)15,000通20,000通25,000通30,000通35,000通1日辺りで送信できるメールの数です。
SSD RAID10構成RAID10構成の複数台のSSDに同じデータをコピーしてバックアップします。
バックアップサーバー上のデータをデータセンターに毎日自動でバックアップし、過去14日分のデータを保持しています。誤ってデータを削除した場合も、バックアップデータから復旧する事ができます。
CloudLinux他のユーザーの影響を受けないリソース制御や、独立したユーザー環境による高セキュリティを実現します。
コントロールパネル世界で最も人気のコントロールパネル「cPanel」がご利用いただけます。
機能スタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ解説
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限無制限独自ドメインを無制限にご利用いただけます。
サブドメイン無制限無制限無制限無制限無制限サブドメインを無制限にご利用いただけます。
MySQL(MariaDB)無制限無制限無制限無制限無制限MariaDBは、MySQLと互換性を持った新時代のスタンダードデータベースです。MariaDB(MySQL)を無制限にご利用いただけます。
追加FTPアカウント無制限無制限無制限無制限無制限追加FTPアカウントを無制限にご利用いただけます。
無料独自SSL世界シェアNo.1であるCOMODO社を認証局に採用した信頼性の高いSSL証明書を無料でご利用いただけます。
独自SSLお客様自身でご用意されたSSL証明書をご利用いただけます。
オリジナルCGIお客様独自のCGI(Perl)をご利用いただけます。
PHPPHP7/PHP5をご利用いただけます。
PHPバージョンの変更PHPのバージョンをドメイン毎に変更できます。
PHP高速化「OPcache」というPHPプログラムのキャッシュ・高速化モジュールがご利用可能です。
WordPress高速化「LiteSpeed Cache」という独自のキャッシュモジュールをご利用可能です。
SSISSIをご利用いただけます。
.htaccessWebサーバーの動作をディレクトリ単位で設定可能です。
パスワード制限ディレクトリ毎にパスワードによりアクセス制限を行う事が可能です。
アクセス拒否設定IPアドレス単位でアクセス拒否設定を行う事が可能です。
MINEタイプ設定ファイルの種類と拡張子の関連付けを設定します。
Cronジョブ定期的に実行するプログラムを個数制限無しで設定できます。
サイト転送設定URLを指定して、他のサイトへ転送可能です。
かんたんインストールWordPressなど人気の数百種類のプログラムを簡単にインストールできます。
かんたん引越し機能接続情報を入力いただくだけで、別サーバーから簡単にサイト移転・複製が可能です。
移転前動作確認URLネームサーバー変更前にWebサイトの表示確認が可能です。
アクセス解析アクセス解析ソフトウェアとして、「Awstats」を提供しています。
生ログ未加工のアクセスログやエラーログなどがダウンロード可能です。
FTP over SSL/TLSFTP接続の際にSSL/TLSを利用した暗号化通信が可能です。
ファイルマネージャブラウザ上からファイルを更新する事が可能です。
SSHUNIXコマンドを用いて、サーバーの遠隔操作が可能です。
Webディスクサーバー上の領域をPC上からクラウドストレージのようにご利用いただけます。
バックアップバックアップデータをダウンロードする事が可能です。
アダルトサイト全てのプランで、合法なコンテンツに限りアダルトサイトを運営していただけます。
LiteSpeedApache完全互換の高速Webサーバー「LiteSpeed」をご利用いただけます。
HTTP/3 & QUICSSL化されたサイト且つ対応ブラウザでは、HTTP/3をご利用いただけます。
また、未対応の環境でも、Googleが開発したHTTP/2より高速なQUICに対応します。
機能スタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ解説
メールアカウント無制限無制限無制限無制限無制限メールアカウントを無制限にご利用いただけます。
メーリングリスト無制限無制限無制限無制限無制限メーリングリストを無制限にご利用いただけます。
メールボックス容量設定メールボックスの容量を設定できます。
メール転送メールを指定したメールアドレスに転送する事ができます。
メール自動返信受信したメールに対して定型文を自動で返信することができます。
WebメールWebブラウザでメールの送受信が行えます。「Horde」「Roundcube」「SquirrelMail」の3つのアプリケーションがご利用いただけます。
アンチウイルスメール送受信時にウイルススキャンを行います。
スパムフィルター迷惑メールを排除する機能です。
POP/SMTP/IMAPメールクライアントでの送受信が可能です。
SMTP-AUTHメール送信時にSMTPサーバーによってユーザー認証を行う機能です。
POP over SSL/TLSPOP接続の際にSSL/TLSを利用した暗号化通信が可能です。
SMTP over SSL/TLSSMTP接続の際にSSL/TLSを利用した暗号化通信が可能です。
IMAP over SSL/TLSIMAP接続の際にSSL/TLSを利用した暗号化通信が可能です。
送信ドメイン認証正当なメールサーバーから送信されたメールである事を証明する「SPF」「DKIM」に対応しています。
メールの暗号化GnuPGを利用した暗号化メールに対応します。

※表示価格は税抜。
また、月額利用料は1年間の一括払い時の割引後の月当たりの料金です。
最低契約期間は3ヶ月ですが、プラン変更は自由に可能です。
各プランでマルチドメイン、メールアドレス、MySQLが無制限で使え、PHP7 / PHP5にも対応、自動バックアップは標準装備されています。
初期費用は無料で10日間無料お試しが付いているので、プランで異なる点といえばディスク容量くらいでしょうか。
個人利用で、小~中規模サイトを運用するのであれば、スタンダードプランで十分なくらいですね。

最低契約期間は3ヶ月となっていますが、プラン変更は自由に行えますので、使っていて容量が足りないな~と感じることがあればプランを上げたり下げたりすることが出来ます。

MixHost ← 公式ホームページ

MixHost(ミックスホスト)が選ばれる理由

MixHostが選ばれる理由は多々あるようですが、特にApacheよりもNginxよりも高速なLiteSpeedの高速webサーバーを採用している点が利用者からも評価が高いようです。
とにかく速度が速い!と各口コミでも書かれており快適な環境下での運用が可能なようです。

そしてデータや画像などを保存するためのディスクが全プランSSDになっています。
他サーバーと比較しても、共用サーバーで完全SSDで対応してくれるサービスは中々ないと思います。

通常ですと、データベース部分以外はハードディスクを使用しているサービスも多く、SSDと比較すると速度が全然違います。
頻繁にwebサイトを更新するような場合は、SSDのような読み書きが早い高速ストレージを使用していた方が良いでしょう。

また、SSLに対応した高セキュリティなWebサイトを無料・無制限で運営することも可能です。
独自SSL証明書を有料で提供しているサービスもあるので、このあたりのコストがかからないのは嬉しいですね。

その他、稼働率は99.99%と高い稼働率の元、webサイトを運用できるので個人は勿論、ビジネスでも安心して利用することが出来るでしょう。
サーバーは日本国内の大手データセンターに設置されているので、安心度も高いです。

良い点
コストパフォーマンスが良い
LiteSpeedの高速webサーバーを採用
日本初のHTTP/2に完全対応
14日分の自動バックアップがある
複数サイト・ブログ作成可能
サーバーがとにかく速い
SSL化が設定が簡単
自由にプラン変更が可能
管理画面が見やすく、分かりやすい
惜しい点
電話サポートに対応していない
最低契約期間が3か月間ある
ディスク容量が少ない
新しいサービスなので実績が少ない

MixHost(ミックスホスト)のオススメポイント

MixHostのオススメポイントはとにかく『速さ』です。
LiteSpeedの高速webサーバーを採用している他、HTTP通信プロトコル最新版の「HTTP/2」の利用も可能なので、更に通信が効率化されています。
ちなみにこれは国内レンタルサーバーでは初の採用となっています。

「HTTP/1.1」の場合、基本は1つの接続に対し、1送受信しかできない仕様でしたが、「HTTP/2」の場合は複数の送受信が行えます。

「HTTP/1.1」だと1つの画像を読み込んでから次の画像を読み込む処理を行っていますが、「HTTP/2」の場合は同時に読み込むため、読み込み速度が速くなるのです。

タイトルとURLをコピーしました