業務用エアコン関連の技術情報、エラーコード、環境問題対策に関する別サイト「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」

CentOS7.6サーバー構築 MySQL のインストール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MySQL をインストール

1.MySQLのダウンロード

今まではソースをコンパイルしてインストールしてきましたが、mysqlぱyumでmysql5.7をインストールします。
CentOS7.6をインストールしますとmariaDB(MySQL互換のDB)がインストールされる場合がありますので、まずこれが残ったままだと、これからインストールするMySQLと競合するので、まずは削除しておきます。

1.1 mariaDBの削除

mariaDBの削除
# rpm -qa | grep maria    mariaDBが存在するか確認
mariadb-libs-5.5.60-1.el7_5.x86_64
# yum remove mariadb-libs      本体削除
# rm -rf /var/lib/mysql/      データ削除

1.2 MySQL公式リポジトリの追加と設定

①MySQLの5.6以降をインストールするためには、まずMySQL公式サイトからリポジトリをインストールします。

RHEL7系用のパッケージをダウンロードし、直接インストール
# yum install https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-2.noarch.rpm

②リポジトリが追加されたか確認します。

# yum repolist all | grep mysql
mysql-cluster-7.5-community/x86_64 MySQL Cluster 7.5 Community      無効
mysql-cluster-7.5-community-source MySQL Cluster 7.5 Community - So 無効
mysql-cluster-7.6-community/x86_64 MySQL Cluster 7.6 Community      無効
mysql-cluster-7.6-community-source MySQL Cluster 7.6 Community - So 無効
mysql-connectors-community/x86_64  MySQL Connectors Community       有効
mysql-connectors-community-source  MySQL Connectors Community - Sou 無効
mysql-tools-community/x86_64       MySQL Tools Community            有効
mysql-tools-community-source       MySQL Tools Community - Source   無効
mysql-tools-preview/x86_64         MySQL Tools Preview              無効
mysql-tools-preview-source         MySQL Tools Preview - Source     無効
mysql55-community/x86_64           MySQL 5.5 Community Server       無効
mysql55-community-source           MySQL 5.5 Community Server - Sou 無効
mysql56-community/x86_64           MySQL 5.6 Community Server       無効
mysql56-community-source           MySQL 5.6 Community Server - Sou 無効
mysql57-community/x86_64           MySQL 5.7 Community Server       無効
mysql57-community-source           MySQL 5.7 Community Server - Sou 無効
mysql80-community/x86_64           MySQL 8.0 Community Server     有効
mysql80-community-source           MySQL 8.0 Community Server - Sou無効

③このままではMySQL8.0がインストールされてしまうので、5.7がインストールされるように設定を変更します。
設定を変更するためにはyumの設定変更用のyum-utilsパッケージが必要なので、インストールされていない場合はインストールする。

# yum list installed | grep yum-utils  ← yum-utilsがインストールされているか確認
# yum -y install yum-utils  ← 入ってなければyum-utilsをインストールする

MySQL8.0を無効化し、MySQL5.7を有効化

# yum-config-manager –disable mysql80-community  ← MySQL8.0を無効化
# yum-config-manager –enable mysql57-community ← MySQL5.7を有効化

2.MySQLのインストール

2.1 パッケージのバージョンを確認します。

パッケージの情報がずらずらっと表示されますが、バージョンが5.7.xxになっていればOK。インストールします。

# yum info mysql-community-server
…(略)…
名前 : mysql-community-server
アーキテクチャー : x86_64
バージョン : 5.7.24
リリース : 2.el6
容量 : *** M
リポジトリー : installed
提供元リポジトリー : mysql57-community
要約 : A very fast and reliable SQL database server
URL : http://www.mysql.com/
ライセンス : Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Under GPLv2 license as shown in the Description field.
説明 :
…(略)…

2.2 インストール

インストール
# yum -y install mysql-community-server
インストールされたらバージョンを確認
# mysqld –version
mysqld Ver 5.7.24 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server (GPL))

3.Mysqlの起動/停止/自動起動設定

# systemctl start mysqld  ← 起動
# systemctl stop mysqld  ← 停止
# systemctl status mysqld  ← ステータス確認
# systemctl restart mysqld  ← 再起動
# systemctl enable mysqld  ← 自動起動 ON
# systemctl start mysqld自動起動になっているか確認する
# systemctl is-enabled mysqld
mysqld.service is not a native service, redirecting to /sbin/chkconfig. Executing /sbin/chkconfig mysqld –level=5
enabled
enabledになっていれば自動起動 ONに設定されている。
chkconfigで確認
# chkconfig –list mysqld  ← 自動起動設定の確認mysqld 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
2~5がonになっていれば自動起動 ONに設定されている

4.Mysqlの初期設定

4.1 root ユーザーの初期パスワードを知る

MySQL 5.7 では、初回起動と同時に root ユーザーにランダムな文字列がパスワードとして設定されます。 初期パスワードは MySQL のログファイルに出力されています。 ログファイルは/var/log/mysqld.log です。 ログを開くと次のようにパスワードが記載されています。

# vi  /var/log/mysqld.log
[Note] A temporary password is generated for root@localhost: ??XX;BB6Y
??XX;BB6Y ランダムな初期パスワード

4.2 root ユーザーのパスワードを設定する

①mysql_secure_installation でrootパスワードを違うものに変更する

$ mysql_secure_installation

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MySQL
SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MySQL to secure it, we’ll need the current
password for the root user. If you’ve just installed MySQL, and
you haven’t set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

# 現在のmysqlのrootパスワードを入力、初回は空でエンター
Enter current password for root (enter for none):??XX;BB6Y
OK, successfully used password, moving on…

Setting the root password ensures that nobody can log into the MySQL
root user without the proper authorisation.

# rootパスワードを設定しますか?
Set root password? [Y/n] y
New password:任意のパスワード
Re-enter new password:再度同じパスワード
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
… Success!

By default, a MySQL installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MySQL without having to have a user account created for
them. This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother. You should remove them before moving into a
production environment.

# 匿名ユーザーを削除しますか?
Remove anonymous users? [Y/n] y
… Success!

Normally, root should only be allowed to connect from ‘localhost’. This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

# リモートでのrootログインを拒否しますか?
Disallow root login remotely? [Y/n] y
… Success!

By default, MySQL comes with a database named ‘test’ that anyone can
access. This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

# テスト用データベースを削除しますか?
Remove test database and access to it? [Y/n] y
– Dropping test database…
ERROR 1008 (HY000) at line 1: Can’t drop database ‘test’; database doesn’t exist
… Failed! Not critical, keep moving…
– Removing privileges on test database…
… Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

# 今すぐFLUSH PRIVILEGESしますか?
Reload privilege tables now? [Y/n] y
… Success!

All done! If you’ve completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!

Cleaning up…

②以降、MySQLにログインするには

# mysql -u root -p
password ;


# vi  

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました