「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「業務用エアコンエラーコード」はこちら

「ドメイン」とは

ドメインとは?
インターネット上での住所のようなものです。

 

URLでのドメイン

ホスト名(上図だとwww)とドメイン名(上図だとexample.jp)の組み合わせによりできているのがURLです。
ドメインがインターネット上の住所ならホスト名はインターネット上の名前に当たります。

メールアドレスでのドメイン

ドメインは上図のようにメールアドレスの@以降にも使われます。@以降がgmail.comやyahoo.co.jpなどよく見るものではなく会社名などが入ったメールアドレスを見たことがあると思います。それが独自ドメインに当たります。
@より前が個人の名前、@以降が住所というイメージです。

独自ドメインとサブドメイン

ドメインといっても「独自ドメイン」と「サブドメイン」の2種類があります。

独自ドメインとは

ドメイン名には自身のオリジナルの文字列を作って設定することができます。
その自身で設定したオリジナルのドメイン名を独自ドメインと言います。
会社名やブランド名、サイト名などをそのまま独自ドメインにすることが多いです。

サブドメインとは

サブドメインとは独自ドメインを細かく区分けするために作成するドメインのことです。
多くの場合は、複数のサイトを運営する際に、独自ドメインは同じものにして同社のサービスとユーザーに理解してもらいたい時などにサブドメインを設定します。
例としてYahoo!のドメイン

サービス名
URL
Yahoo!JAPAN
https://www.yahoo.co.jp/
Yahoo!ショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/
Yahoo!メール
https://mail.yahoo.co.jp/
Yahoo!オークション
https://auctions.yahoo.co.jp/
Yahoo!トラベル
https://travel.yahoo.co.jp/

青字がサブドメイン 赤字が独自ドメインです

ドメインの仕組み

最初にIPアドレスとDNSというものの理解が必要になってきます。

IPアドレスとは

IPアドレスとはInternet Protocol Addressの略です。
ドメインが住所なら、IPアドレスは緯度経度といったポジションでしょうか。
ドメインがインターネット上の住所ですが、その元となる情報が各Webサイトに数字で割り当てられています。それがIPアドレスです。
ですがIPアドレスだけではどのようなサイトか分かりづらく、覚えづらいため、IPアドレスからドメインに変換するシステムが現代では採用されています。
コンピューターはIPアドレスを基にWebサイトにアクセスしています。

DNSとは

Domain Name Systemの略です。
DNSは辞書のような役割を担っており、ドメイン名からIPアドレスを検索するシステムです。
辞書とは逆になりますがDNSではドメインの右側から検索を始めます。
yahoo!オークションですとhttps://auctions.yahoo.co.jpですので
co.jp→yahoo.co.jp→auctions.yahoo.co.jp
といった順番でDNSはIPアドレスの検索を進めていきます。

ドメインの種類

DNSは右側から検索を行い、一番右側のドメインをトップレベルドメイン(top Domain Level)と言います。
トップレベルドメインの文字列にも意味があり、それぞれ特徴があります。

gTLD

gTLD(Generic Top Level Domain)は国・地域に関係なく誰でも取得できるドメインのことです。
主には以下のような種類があります。

ドメインの
種類
意味・特徴
.com
商業サイトを表すドメイン。個人でも企業でも取得できる
.net
以前は通信事業者やプロバイダーなどネットワーク事業者のみに与えられていたドメインですが現在は個人でも使用可能
.org
非営利サイトを表すドメイン。以前は非営利団体のみ使用できたが、こちらも現在では個人も使用可能
.biz
ビジネスサイトを表すドメイン。.comを使用したいが先に使われていた時などに使用することが多い
.info
情報サイトを表すドメイン。用途の制限はない

ccTLD

ccTLD(country code Top Level Domain)国ごとに割り当てられたドメインです。

ドメインの種類
.jp
日本
.us
アメリカ
.kr
韓国
.au
オーストラリア

属性型jpドメイン

企業や学校など、日本国内組織の種別に区別されたドメインです。

ドメインの
種類
取得可能な組織
co.jp
日本国内に登記を行なっている企業などが取得可能
例:株式会社、有限会社、国内に登記を置いている外国会社、信用金庫、信用組合など
or.jp
以下のような法人や組合などが取得可能
例:財団法人、社団法人、宗教法人、医療法人、農業協同組合、国連等公的組織など
ac.jp
高等教育機関や学校法人などが取得可能
例:大学、専門学校、学校法人、障害者職業能力開発校など
go.jp
以下の機関や法人などが取得可能
例:政府機関、各省庁所轄の研究所、独立行政法人など

新gTLD

現在では英単語など様々な文字列が取得できるようになりました。
独自ドメインと組み合わせることで、どのようなサイトなのかをユーザーにわかりやすくすることができます。
レジストラ(ドメインの仲介登録業者)が多くのものを提供しています。

ドメイン名(例)
.tokyo
.games
.marketing
.style
.network
.center
.love
.bio
.support
.digital
.ryukyu
.shop
.services
.design
.website

独自ドメインと無料ドメインの違い

.無料ドメインのメリット・デメリット

無料ドメインのメリットとしては、その名の通りですがやはり費用がかからない点です。
無料でドメイン取得できるサービスもありますし、アメブロやはてなブログのような自社名の後に自身のIDを入れてドメインとする方式もあります。
もう一つメリットを上げるとすれば、アメブロやはてなブログはプラットフォームが完全に用意されているので、一切の難しい設定が不要という点もメリットになるでしょう。

デメリットとしては、提供している会社としては無料で提供しているのだから、責任がないとも捉えることができます。なので、ある日突然にサービスが終了してしまうという、最悪のケースが起こってしまうかもしれません。
また、一般的に見たことのないようなドメインを使用していると、ネットリテラシーの高まりつつある現在、ユーザーとしては「怪しいサイトじゃないのか…」「フィッシングサイトじゃない?」という心配をしてサイトから離脱してしまう可能性があります。
SEOの観点から見ても、同一ドメインは検索順位1ページに1サイトと決められているので、自身のサイトより上位のサイトが有ると通常の検索順位よりも更に低くなってしまいます。

独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインに関してデメリットは本来特には無いのですが、無料ドメインと比較してデメリットを挙げるとするとやはり費用がかかることでしょう。
ですが、ドメインだけで1年に何万円もかかってしまうようなケースはほとんどの場合ではありません。

独自ドメインの取得方法

タイトルとURLをコピーしました