「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら

ランキング GMOクラウドVPS

GMOクラウドVPS

掲載内容については逐次更新されますので公式ホームページにて確認してください

1.GMOクラウドVPSの特徴

GMOクラウド株式会社より提供されているGMOクラウドVPSは、たくさんの機能が搭載されており設定の自由度が高いので、自分の思い通りのサイト設計が可能な仮想専用サーバー(VPS)です。

テンプレート・パッケージ

ユーザの目的に合わせてOSやプログラム、Pleskなどのパッケージをテンプレート化して提供しているので、システム構築の時間とコストを大幅に削減することができます。

OSテンプレートとパッケージ対応一覧

テンプレート名対応OS
プレーンテンプレートCentOS 7.7、CentOS 8.1
AlmaLinux 8.4
Rocky Linux 8.4
CloudLinux 7.2
Ubuntu 18.04、Ubuntu 20.04
Debian 9.3、Debian 10.3
Microsoft Windows Server 2016 Standard、
Microsoft Windows Server 2019 Standard
Plesk ObsidianテンプレートCentOS 7.7
AlmaLinux 8.4
PleskOnyxテンプレートCloudLinux 7.2

最新版Pleskで常時SSL化

SSHによるコマンドを使用することなく、レンタルサーバーのような感覚で操作可能なPleskを使用することができます。最新版ではLet’s Encryptが発行するSSL証明書を無料で使用することができます。

安心の24時間365日サポート

GMOクラウドVPSはメールでの問い合わせを24時間365日対応しているので万が一のトラブルが深夜に起きた際でも最速で解決につながります。
そのほかにもサーバー設定、運用をGMOに任せることができるマネージドサービスも提供しています。

サービス品質保証制度99.99%

サービス品質保証制度とはサーバーの稼働率の水準を定め、それが達成できなかった場合には料金を返金する保証制度です。
GMOクラウドVPSではその水準を99.99%に設定しています。

2.価格

1GBプラン2GBプラン4GBプラン6GBプラン8GBプラン12GBプラン
月額12カ月858円1,408円2,618円5,038円7,238円11,528円
6カ月968円1,518円2,893円5,478円7,678円12,078円
1カ月1,078円1,628円3,113円5,698円7,898円12,408円
初期費用4,400円
メモリ1GB2GB4GB6GB8GB12GB
CPU仮想 2コア仮想 3コア仮想 4コア仮想 5コア仮想 6コア仮想 7コア
ディスク容量50GB100GB200GB400GB600GB800GB

3.仕様

標準機能
仮想化エンジン
KVM
管理者権限
root権限付与
データ転送量
全プラン無制限
ローカル接続利用可
IPアドレス
Ipv4グローバルIPアドレス
回線速度
100Mbps共有回線
DNSサーバー
プライマリ・セカンダリ利用可能、逆引き対応(PTRレコード) 、 ゾーン数無制限
タイトルとURLをコピーしました