「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

Debian10でサーバー構築 FTPサーバー、WebサーバーApache

1. FTPサーバー導入

1.1 vsftpdをインストール

FTP Port21許可
vsftpd設定ファイル編集
次に、vsftpd.chroot_listをetcの下に新規で作成します。
このファイルにDebianのユーザ名(例: debian-user)を追加します。
最後に、vsftpdを有効にして再起動

1.2 FTP接続の確認

WindowsのFTPクライアントのFFFTPを使って確認する。
FFFTPを開き、メニューバーから接続を選択します。

ホスト一覧というウィンドウが開きます。新規ホストを選択してください。

ホストの設定というウィンドウが開きます。以下を入力し、OKを押してください

1. ホストの設定名(任意の名前)
2. ホスト名(DebianのIPアドレス)192.168.11.82
3. ユーザ名(Debianのユーザ名)hoge
4. パスワード ********

 

 

 

 

ホスト一覧ウィンドウに戻りますので。接続を押してください。

暗号化の状態の保存というウィンドウが開きます。はいを選択してください。

左側にWindowsのディレクトリ、右側に Debianのディレクトリが表示されれば、接続成功です。
もし、つながらない場合はPassiveモードを入り切りする

2. WEBサーバーApache2導入

2.1 Apache2インストールと設定

Apache2インストールの前に80番ポートを開ける

Apache2 をインストール

Apache2 の基本設定

2.2 Apache2; Perlスクリプトを利用する

CGI を有効にして Perl スクリプトが利用できるように設定します。Perl をインストールし有効にします。

CGI モジュールを有効にします。

Apacheの再起動

CGI モジュールを有効にすると、デフォルトで [/usr/lib/cgi-bin] 配下が CGI 実行許可されます。
[/usr/lib/cgi-bin/index.cgi] スクリプトを作成して配置することで、[http://(Apache2 サーバー)/cgi-bin/index.cgi] へアクセス可能となります。 なお、当設定は [/usr/lib/cgi-bin] 配下のファイルを全て CGI と扱うため、CGI 以外のファイルは表示できません。
ためしに、次のテストスクリプトを作成し動作確認してみます。
テストスクリプトを作成

スクリプトファイルに権限を与える

動作確認

“curl: コマンドが見つかりません”と表示されたらcurlインストール

curlインストール後再度動作確認

2.3 Apache2; PHPスクリプトを利用する

PHP をインストールします。

Apache2 の設定

PHPの設定ファイルの編集

PHPテストページを作成して動作確認
テストページの作成

ブラウザでhttp://<IPアドレス>/index.phpにアクセスすると以下のようなページが表示されればOKです。

2.4 バーチャルホストの設定

デフォルトの設定ファイルをコピーし、バーチャルホストの設定をします

設定ファイルを編集
設定ファイルにシンボリックリンクを貼り、デフォルトの設定ファイルを無効化する
デフォルト無効化
hostsファイルの編集
ディレクトリー作成
テストページを作成し、動作確認
タイトルとURLをコピーしました