「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「業務用エアコンエラーコード」はこちら

Debian10でサーバー構築 MySQL、WordPressインストール

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.MySQLインストール

1.1 MySQLパッケージのダウンロード、インストール

MySQLチームは、Debian Linux用の公式MySQL PPAを提供しています。 パッケージをDebianシステムにダウンロードしてインストールすると、PPAファイルがシステムに追加されます。 PPAを有効にするには、以下のコマンドを実行します。

# wget https://dev.mysql.com/get/mysql-apt-config_0.8.14-1_all.deb
# dpkg -i mysql-apt-config_0.8.14-1_all.deb

今回は、MySQL 5.7を選択してDebianシステムにインストールします。 特定のバージョンを選択し、構成を変更する必要がある場合は、次のコマンドを使用します。

# dpkg-reconfigure mysql-apt-config

MySQL apt configパッケージのインストール中に、インストールするMySQLバージョンを選択するよう求められます。 MySQL 8.0または5.7オプションを選択して、システムにインストールします

1.2 Debian 10にMySQLをインストール

# apt update
# apt install mysql-server

インストールプロセスでは、デフォルトとして設定するルートパスワードの入力が求められます。 安全なパスワードを入力し、同じパスワードウィンドウを確認します。 これは、MySQLサーバーへのログインに必要なMySQLルートユーザーパスワードになります。
次のウィンドウで同じパスワードの再入力を求められます。
MySQLサーバのセキュリティ設定を行う
MySQLサーバのセキュリティ関連の設定を行うためにmysql_secure_installtionというツールが用意されているのでこれを実行します。
実行すると、質問形式でいくつかのセキュリティ設定がはじまります。はじめに以下のようにパスワードバリデーション用のプラグインを使用するか確認されます。パスワードバリデーションというのは、MySQL用のユーザのパスワード強度をチェックし、十分セキュアなパスワードのみ受け付けるよう制限をかけることができます。例えば、最低何文字以上で必ず記号と数値を1文字以上含むなどです。この条件について次の質問で設定できます。
良ければyを入力してEnterを押します。

# systemctl restart mysql.service
# mysql_secure_installation

Securing the MySQL server deployment.

Connecting to MySQL using a blank password.
VALIDATE PASSWORD PLUGIN can be used to test passwords
and improve security. It checks the strength of password
and allows the users to set only those passwords which are
secure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD plugin?Press y|Y for Yes, any other key for No:y
上記の質問でyにした場合は続いてパスワードバリデーションのレベルを聞かれます。LOW、MEDIUM、STRONGの3つのレベルがあり、ここではLOWを選択するため0を入力してEnterを押します
There are three levels of password validation policy:LOW Length >= 8
MEDIUM Length >= 8, numeric, mixed case, and special characters
STRONG Length >= 8, numeric, mixed case, special characters and dictionary filePlease enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG:1
なお、各レベルの内容は以下のようになっています。LOW 最低8文字以上
MEDIUM 最低8文字以上で数値、大文字小文字、特殊記号を必ず含む
STRONG 最低8文字以上で数値、大文字小文字、特殊記号を必ず含み、さらに4文字以上の文字列は辞書ファイルに登録されている単語に一致してはならないという制限あり
LOWを選択する場合は0を入力しEnterを押します。MEDIUM、STRONGはそれぞれ1、2を入力してEnterを押します。続いて、実際にレベルを満たすパスワードを2回入力します。これはrootユーザ用のパスワードです。
Please set the password for root here.
New password:
Re-enter new password:
パスワードを2回入力すると、0〜100のスコアが入力したパスワードに対して付けられて、これで良いか確認されます。セキュリティレベルが高いほど高いスコアになります。
Estimated strength of the password: 50
Do you wish to continue with the password provided?(Press y|Y for Yes, any other key for No) :y
なお、今後MySQL用のユーザを作成する際に設定するパスワードは、ここで設定したセキュリティレベルを満たす必要がありますので注意してください。続いてMySQLがデフォルトで設定するテスト用の匿名ユーザを削除するか確認されます。良ければyを入力してEnterを押します。
By default, a MySQL installation has an anonymous user,
allowing anyone to log into MySQL without having to have
a user account created for them. This is intended only for
testing, and to make the installation go a bit smoother.
You should remove them before moving into a production
environment.
Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :y
リモートからのrootログインを禁止するか確認されます。ここではyと入力してEnterを押します。Normally, root should only be allowed to connect from
‘localhost’. This ensures that someone cannot guess at
the root password from the network.Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :y
通常MySQLがデフォルトで作成する「test」というどのユーザもアクセス可能なデータベースを削除するかの確認です。yと入力してEnterを押します。
By default, MySQL comes with a database named ‘test’ that
anyone can access. This is also intended only for testing,
and should be removed before moving into a production
environment.Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :y
これまで行った設定を反映させるためにリロードして良いかの確認です。yと入力してEnterを押します。
Reloading the privilege tables will ensure that all changes
made so far will take effect immediately.Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :y最後にここまでで設定した内容が表示され、以下のようにAll done!と表示されればセキュリティ設定は完了です。
(…以上省略…)
– Dropping test database…
Success.
– Removing privileges on test database…
Success.
Reloading the privilege tables will ensure that all changes
made so far will take effect immediately.
Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.
All done!

LOW 最低8文字以上
MEDIUM 最低8文字以上で数値、大文字小文字、特殊記号を必ず含む
STRONG 最低8文字以上で数値、大文字小文字、特殊記号を必ず含み、さらに4文字以上の文字列は辞書ファイルに登録されている単語に一致してはならない
以上で完了です。なお、今後はMySQLにrootユーザでログインしたい場合は、以下のコマンドになります。

# mysql -u root -p
スポンサーリンク

1.3 MySQLの動作確認

# mysql -u root -p
パスワード:
データベース作成
mysql>create database test_Work;mysql> use test_Work;
Database changed
テーブル作成
mysql> create table addrbook (name varchar(50),tel varchar(50), email varchar(50));
Query OK,0 rows affected (0.01 sec)
レコード作成
mysql> insert into addrbook (name,tel,email) values (‘Taro.Tanaka’,’090-1234-5678′,’taro@hoge.com’);
Query OK,1 row affected (0.00 sec)mysql> select * from addrbook;
+—————+—————+——————-+
| name | telno | email |
+—————+—————+——————-+
| Taro.Tanaka | 090-1234-5678 | taro@hoge.com |
+—————+—————+——————-+
1 rows in set (0.00 sec)mysql> drop database test_Work;
Query OK, 1 row affected (0.34 sec)mysql> exit
Bye

2.Wordpressインストール

2.1 Word Press 用のデータベースを作成

# mysql -u root -p

Enter password: ←MySQL 用root パスワード入力します(画面上は表示されません)
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.7.24 Source distribution
Copyright (c) 2000, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.
Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

mysql> create database wp_hoge;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
mysql> show databases;

+——————–+
| Database |
+——————–+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| wp_hoge |
+——————–+
4 rows in set (0.00 sec)

データベースwp_hoge用ユーザー<hoge>、パスワード<hogehoge>作成
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wp_hoge.* TO ‘hoge’@’localhost’ identified by ‘hogehoge’;
Query OK, 0 rows affected (0.04 sec)
mysql> exit
Bye

2.2 Word Press インストール

WordPressダウンロード+展開

# cd /var/www/html/hoge.com
# wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
# tar xvf latest-ja.tar.gz
wp-configの設定、ユーザー名、パスワードは先程MySQLに入れたものに書き換えます。

# cd wordpress/
# cp wp-config-sample.php wp-config.php
# vi wp-config.php//

//** MySQL 設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘wp_hoge’);
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘hoge’);
/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘hogehoge’);
また、最終行に以下の分を追加します。
これをしないと、プラグインを追加するときにFTP接続情報なるものを聞かれます。
define(‘FS_METHOD’, ‘direct’);

/var/www/html/hoge.comの下に展開した中身を移動します

# cd /var/www/html/hoge.com
# mv wordpress/* .

移動されたことを確認後 wordpressディレクトリーとダウンロードしたlatest-ja.tar.gzを削除

# cd /var/www/html/hoge.com
# rm -R -f wordpress
# rm latest-ja.tar.gz

wordpressディレクトリの所有者をapacheにします。

# chown -R www-data:www-data /var/www/html/hoge.com

③ブラウザからアクセスする
http://hoge.com/ にアクセスします。

Debianで「お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。」表示されたら

Debianサーバーでphpやmysqlがインストール済みなのにWordpressインストール時に「お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。」と表示される場合は、下記を確認しましょう。ライブラリ関連がインストールされているか確認、phpのライブラリ関連をインストールしていない場合はインストールします。

# apt -y install php7.3-gd php7.3-mbstring

MYSQLモジュールのインストール
WordPressはPHPのMYSQLモジュールが必要です。PHPのMYSQLモジュールをインストールしていない場合はインストールします。

# apt -y install php7.3 php7.3-mysql libapache2-mod-php7.3 php7.3-mysql

インストールが完了したらApacheを再起動をします。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました